テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

錦織圭 全豪オープンと過去3年間の出稿量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
全豪オープンで錦織圭はベスト8の快挙を成し遂げた。四大大会でのベスト8は松岡修三以来の快挙で一気に注目度が増した。ベスト8が決まってからはNHKで急遽、準決勝の放送が組まれるなど一躍、時の人となった。下記は全豪オープンの開催日ごとに錦織の試合日と出稿量を表した。

《開催日》 《出稿量》              《試合内容》
1月16日   ---
1月17日 11分56秒         1回戦 Sロベール戦勝利  
1月18日 18分02秒
1月19日 15分53秒         2回戦 マシューエブデン戦勝利
1月20日 13分57秒
1月21日 12分42秒         3回戦 Jベネトー戦勝利
1月22日 19分29秒         錦織&クルム伊達 1回戦勝利
1月23日 1時間39分46秒     4回戦ツォンガに勝利(ベスト8進出)
1月24日 3時間06分05秒     錦織&クルム伊達 2回戦敗退
1月25日 2時間32分36秒     準々決勝 アンディ・マリー戦負け(ベスト8敗退)
1月26日 2時間55分06秒
1月27日 24分13秒
1月28日 40分13秒
1月29日 19分45秒
1月30日 19分58秒

開催後しばらくは出稿量はそれほど多いものではなかったが、ベスト8を決めてから大幅に伸びた。男子のテニス界では松岡修造を越える選手ははなかなか出てこなかったが、この四大大会のひとつとされる全豪オープンでベスト8になったことで一気に注目度が増して出稿量が伸びていった。 下記は過去3年間の錦織の出稿量である。 

■2009年 出稿量 約5時間
【主な話題】
 ・ブリズベーン国際準々決勝敗退
 ・全豪オープン1回戦敗退
 ・ゲータレードCMに出演
 ・右ひじ故障
 ・全仏オープン欠場

■2010年 出稿量 約3時間半
 【主な話題】
 ・全仏オープン 日本男子17年ぶりに白星、2回戦進出
 ・ウィンブルドンで1回戦ナダルと対戦し敗退
 ・森永製菓とサポート契約

 ■2011年 出稿量 約7時間
 【主な話題】
 ・全豪オープンテニス3回戦敗退
 ・ユニクロとスポンサー契約
 ・世界ランキング 30位に
 ・スイスインドアでジョコヴィッチに勝利

錦織圭は、エア・ケイと呼ばれるショットを武器に10代の頃から注目されていたが、怪我によって出場機会に恵まれずに思うように成績を残せていないことから、過去の出稿量はそれほど多いものではなかった。昨年は、インドアテニスで世界ランキング1位のジョコビッチに勝利するなど注目され、ここ最近はプレイ面で安定してきてから出稿量が伸びている。 全豪オープンの活躍によって、錦織圭はますます注目されることが予想されるため、2012年の出稿量は過去に比べて増えていくことだろう。