テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

「富士通」のCM曲が気になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
昨晩、ふと「世界の車窓から」を見ていて流れてた番組提供の「富士通」のCM。




(富士通公式HP↓)
http://jad.fujitsu.com/adver/life/subaru/movie-subaru-30s.html

子役の男の子の自然な演技にも心地よさを憶えたのですが(この子ホントうまいわ)、
バックで流れる曲に私、耳がロックオンしました。
心に染透る情緒的なメロディ。優しいピアノの旋律・・・

むかし話題になった
坂本龍一氏が交差点の真ん中でピアノを弾く「リゲイン」的な、そんな癒し感。

上記サイトで再度CMを視聴したところ、
村松健」というお名前を拝見しました。

==================================
ピアニスト/作曲家 村松健
1962年東京生まれ、奄美大島在住。


ピアノをおもちゃ代わりに"日本の民謡"と“西洋音楽”そのどちらにも
親しんで成長したことが、独自の懐かしい世界を育むことになる。
大学在学中にデビュー、自作自演のスタイルで送り出したCDは34作。・・・・・・


(公式HPプロフィールより引用)
==================================

過去のCM提供曲は、

・アメリカンファミリー生命保険
・三井海上火災
・ミツカン「味ぽん」
・カゴメ「アンナマンマ」
・タマノイ酢「はちみつ黒酢」
・コニカ「Revio」
・京都きもの友禅

など

・・・私、村松氏を存じ上げておりませんでしたが、
CMやテレビ、ラジオ番組のBGMなどを多く手がける大層な方であったようです。

確かにどれも澄んだピアノの音色が印象に残る作品で、
どこか懐かしく、ホッとする曲ばかり。
その中には、当時私がその世界観に大いに憧れた
JR東日本「東北大陸から」シリーズ(1996年)の
高橋幸宏さん出演のCMも含まれてました。
はぁー、こうしてまたここで巡り合うとは。。。
音の記憶っていうのは繋がるんですね。

今回遭遇したCM楽曲も、『暮らしと富士通』という
2010年から展開されているシリーズ広告だったようです。
どおりで初めてじゃない、どこかで聞いたことある気がしました。

村松氏は、20年前に導かれるように奄美に渡られたそうですが、
この楽曲を聴くと、この島での生活なくして生まれ得ないんじゃないか、
そんな風にも感じます。

何気に見ていたテレビから流れたこの曲にピクッと反応してしまうあたり
今の自分、何かしら癒しを求めているのかも。
あー。
「東北大陸から」の高橋幸宏さんの様な
イーハトーヴを巡る長い旅に、出たくなりました。

――――――――――――――――――――――――――――

ちなみに富士通のHPで村松さんに関するアナウンスはありませんが、
CM曲は「思いは海を越えて」というようです。
気になった方はぜひ。

富士通企業広告「暮らしと富士通」シリーズ
http://jad.fujitsu.com/adver/life/

村松健さんオフィシャルホームページ
http://www.ops.dti.ne.jp/~ken-scs/f_index.html