テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

<ロンドン五輪>報道ピックアップ(3/29-3/30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
ロンドン五輪に関連した報道をピックアップして紹介(3/29午後~3/30午前まで)

■射撃 中山由起枝 五輪でメダルを目指す
クレー射撃女子トラップ代表の中山由起枝が紹介された。五輪出場は今回3度目となる。
1日4時間練習し、正確な射撃を行えるように体幹トレーニングを取り入れている。
世界ランキングは16位。一昨年は世界1位の選手を破って優勝したほか、去年の全日本選手権では男女混合だったにも関わらず優勝を手にしている。ここまでの経歴は順風満帆ではなく、シドニー五輪で惨敗した後、現役を引退。その後結婚して出産を経験したが、射撃への思いから現役へ復帰。北京五輪では愛娘との二人三 脚で挑んだがメダルを獲得できなかった。
番組では中山の能力について検証、状況把握能力は0.01秒を判断し、とても能力が高いことが証明された。動体視力でも他の球技のトップレベルと同等であることがわかった。
射撃場へ行くときなどAI「Story」を良く聞く中山。好きなパートを本人から歌ってくれるというサプライズに大感激していた。
北京では4位と悔しい思いをしたが、愛娘のためにロンドンでメダルを目指す。
<スッキリ!!>

■ロンドン五輪 文科省8競技を重点支援
CX「めざましテレビ」で産経新聞の記事が紹介された。文科省はメダルが期待される8競技を対象に重点支援いくことを決定。支援対象される8競技は陸上男子ハンマー投げ、競泳、体操男子、レスリング、射撃ピス トル男子、セーリング470級となっている。
<めざましテレビ>

■バレーボール日本代表 強力な援軍「SEXY ZONE」
アイドルグループ「SEXY ZONE」が5月から始まるロンドン五輪世界最終予選のスペシャルサポーターに決定した。ロンドン五輪出場を目指すバレーボール日本代表チームにとって協力な援軍になる。
<みのもんたの朝ズバッ!/とくダネ! ほか 計6番組>