テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

<ロンドン五輪>報道ピックアップ(3/15-3/16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
ロンドン五輪に関連した報道をピックアップして紹介(3/15夕~3/16朝まで)

■陸上・福島選手 速さの秘密
NTV「NEWS ZERO」では福島千里を紹介、その速さの秘密に迫った。一昨年のアジア大会で100mと200mの2冠に輝いたほか、昨年の世界選手権では準決勝進出した実績を持つ福島。環境の整った北海道に拠点を置き、トレーニングを続けている。
福島の速さの秘密はスタートダッシュにある。医療用のリハビリ器具「レッドコード」を使用し、大腰筋を鍛え上げた。4年前の北京五輪では1次予選敗退と悔しさを味わったが、走りに磨きをかけた福島が日本女子短距離で初のファイナリストを目指 す。
<NEWS ZERO>


■和風メッシ・斉藤学
サッカー界のエリートコースを歩んできた斎藤学。横浜F・マリノスの中村俊輔が和風メッシというほど才能にあふれた選手である。だが2009年トップチーム昇格以降、自身のサッカーを見失う。その後、愛媛FC へレンタル移籍し、かつての輝きを取り戻す。復帰したマリノスでは背番号「11」を授かり、五輪代表には 初招集され初ゴールをあげるなどの活躍を挙げている。
<すぽると>


■近代五種・黒須成美
近代五種ロンドン五輪出場が決定している黒須成美。近代五種はフェンシング、水泳、馬術、射撃、ランニングの5種目で戦う競技。昨年の東日本大震災の影響では練習場がなくなり、競技を一時諦めかけた。その後、韓国から届いた練習場を提供してくれるメールから、プサンの実業団のチームに交じって練習を再開。昨年5月に行われたアジア選手権でロンドン五輪出場が決定した。 <すぽると>


■車いす・中山和美
車いす競技の400mと800mでロンドンパラリンピック出場を目指す中山和美が紹介された。普段はコンサルティング会社に勤めながら競技に取り組む。5年前に脊髄の病気で車いすの生活を余儀なくされ、リハビリで勧められたレース用の車いすがきっかけで数々の大会に出場するようになる。
パラリンピック出場には世界8位以内のタイムが求められるため、車いすの改良に着手。今月開かれる最終選考会の1ヶ月前に沖縄合宿ではスタートダッシュを強化した。パラリンピック出場を目指し挑戦を続けている。
<首都圏ネットワーク>


■女子20km競歩日本代表・大利久美
日本競歩界のエース大利久美に密着。その強さの秘密に迫った。かつては万年2位だったが、すねの筋肉を鍛え上げたことで1年半負けなしのエースへと成長した。松岡修三の大ファンという大利のために、NTV「スッキリ!!」では直筆サイン入りのTシャツを用意。プレゼントした際には大喜びしていた。ロンドン五輪への意気込みでは「競歩という種目をたくさんの人に覚えてもらえるようにしっかり活躍したい」と語っている。
<スッキリ>


■ウエイトリフティング・八木かなえ
4歳の時から体操をしていた八木かなえだったが、高校の時にウエイトリフティングに一目惚れ。始めて8ヶ月でアジアユースを優勝し、その後の数々の大会も優勝を飾っている。現在19歳の八木はウエイトリフティングを始めて4年半であるが、その強さからロンドン五輪候補に選ばれる。目標はリオデジャネイロだったが、ロンドン五輪へと変わってきた。来月の全日本選手権でトータル200kgを超えれば、ロンドンに出場する可能性が高くなる。
<モーニングバード>