テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【プレイバック!テレビの名言(2012/4/9~4/15)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「4年に1回しか自分の記録を超えていってないからね。それは自分でもさすがだと思う。
きっとオリンピックがそうさせてくれていると思うし、
今年は『強い自分でいたい』という気持ちから、100分の1秒を更新できたと思ってます」
北島康介 4/9 EX 報道ステーション




   「役者で一流ってことはめちゃくちゃ嘘つきってこと・・・」
   俳優・浅野忠信 4/9 CX My Process



「日本料理を歴史 伝統 文化だけでしか語れないのであれば 僕は日本料
理をやる意味がない」

「自分が一番好きなことをしているのがこれ(料理)なので ストレスは
ゼロもないですね マイナス5くらいじゃないですか 足りてないくらいです」

「残ってきたもの(調理法や料理)をさらに良くするのって本当に難しい。
残ってきたっていうものは結果として認められているから残ってきてるん
ですよ。でもそこに対して疑問を投げかけたり『なぜ』を投げかけて、も
っと良くしていくというのはみんな考えたと思うんですよ。でも今それが
そのままあるってことはなかなかそれ以上は難しかったという話なんです
よ。それをさらに超えていってそれを残していくというのはそれをさらに
超えましたでは駄目なんですよね。それを残していかなければならない」

「料理とは、精神である」

「今この瞬間から変わろう」
日本料理人・山本征治 4/9 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀



   「人は性格は変えられないんだよ、心は変えられるんだ!」

   「自分自身の心を変えるには、自分らしい思い・考え方を
   見つけなきゃいけないんだ!」
   松岡修造(出版記念のトークショーにて)4/11 EX やじうまテレビ!



「負けるのは自分だけじゃない」
斎藤佑樹 4/11 EX 報道ステーション



   (『自分磨き』について_)
   「泥団子みたいなもんだよね。どんなにキレイになっても中身ドロだよみたいな」
   有吉弘行 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



(過去一番の自分へのご褒美は『カバン』という夏目、
『何をやった見返りに?』という有吉の問いに_)
会社を辞めたとき。
夏目三久 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



   「エステって『自分磨き』って言っていいのかなァ」
   マツコデラックス 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



「『自分磨き』なんて生意気な言葉は使うなっていう。
『自分へのご褒美』はまだいいよ、可愛げがあるわ。
『自分磨き』っていう言葉がイラッとくるよね」

「何か行動するときに、『自分探し』とか『自分磨き』とか
耳障りのいい言葉をいうヤツは、ダメだね」

「『自分探しの旅行ってきます』なんて言うヤツはもう最初から格好付けてる。
やっぱりね、『ちょっと旅行行ってきます』って行かなきゃ」

「しょうもない雑誌に載ってる言葉を何の考えも無しに使うな」
有吉弘行 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



   「歳とってくると、経験を積んでしまうとさ、我慢出来なくならない?
   『若さゆえの言い訳』だったりとかっていうのが面倒臭くなってくるときない?
   マツコデラックス 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党

   「『その言い訳知ってる!』っていうね
   有吉弘行 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



「ひとを見て態度をコロコロ変えていいんだよ。
頑なに『自分は』なんて言ってるヤツはバカだよ」
有吉弘行 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



   「女性専用車両はあっても『デブ専用車両』は無いのよ。専用車両なんて
   生意気な事は言わないから、一角『畳敷き』にして欲しい」
   マツコデラックス 4/11 EX マツコ&有吉の怒り新党



(右膝負傷全治6ヶ月の怪我 再び大舞台に立つために_)
「ここからは頑張るのは自分」
女子サッカー・丸山桂里奈 4/12 NHK NHKニュース おはよう日本



   「映画とは暗闇の中で光を見るもの」
   いとうせいこう 4/11 TBS オトナの!



「大人とは長生きも芸のうち」
竜雷太 4/11 TBS オトナの!



   「大人とは造反!」
   堤幸彦(演出家・映画監督)4/11 TBS オトナの!



(4/12会見での五輪に対する意気込み_)
課せられてやるのではなくて自分で課してやっていく
競泳日本代表・北島康介



   (4/12会見での五輪に対する意気込み_)
   「オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない
   競泳日本代表・入江陵介



(4/12会見での五輪に対する思い_)
「(同世代の)じいさんたちの励ましになるなら こんなうれしいことはない」
馬場馬術代表・法華津寛



   「事業を続けていく上で目的とするのは、お客の財布からお金を取ることではない。
   お客との関係を確立させること

   「成功は当たり前には起こらず、自分で日々掴むものだ」

   「成長は戦略ではない。戦略の結果、成長が生まれる。」
   スターバックスCEO ハワード・シュルツ4/12 TX カンブリア宮殿



「人生とは、語るものではなく、語られるものだと思う。」
バナナマン・設楽統 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「人生とは、いかに成功したかではなく、どれだけ挑戦したかだと思う。」
   国語講師・林修 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「人生とは、美しいアルバムではなく、撮れなかった写真だと思う。」
東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦
4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「人生とは、躍らされることではなく、世界を躍らせることだと思う。」
   ピース・又吉直樹 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「人生とは、青写真に色を塗り重ねていくのではなく、一筆で殴り書き、
気付いたらバベルの塔だったということだと思う。」
小出恵介 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「人生とは、何回息をするかではなく、何回息をのむ瞬間があるかだと思う。」
   ビヨンセ 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



0じゃない可能性に自分で0を掛けている人間は、生きるのにふさわしくない。
オードリー・若林正恭 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「友の泣く声を聞いて、なにもしない人間は、生きるのにふさわしくない。」
   ムロツヨシ 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「憎しみに憎しみでこたえる人間は、生きるのにふさわしくない。」
コピーライター・斉藤賢司 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「人に拍手をおくれない人間は、生きるのにふさわしくない。」
   ビビる大木 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「何かのために死ねない人間は、生きるのにふさわしくない。」
キング牧師 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「人生とは、ムダなことを夢中で考えているときにある。」
   ビビる大木 4/12 CX 世界は言葉でできている



「人生とは、自分以外の笑顔を夢中で考えているときにある。」
コピーライター・斉藤賢司 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「人生とは、あそびかたを夢中で考えているときにある。」
   ムロツヨシ 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「人生とは、人生以外の事を夢中で考えているときにある。」
ジョン・レノン 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「いつでも愛は釣り合わない。」
   バナナマン・設楽統 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「いつでも愛は届け!」
ビビる大木 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「いつでも愛は水のように形をかえる。」
   東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦
   4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



いつでも愛は使い捨て。
オードリー・若林正恭 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「いつでも愛は入れる器が無い。」
   バナナマン・設楽統 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



「いつでも愛はどちらかの方が深く、切ない。」
岡本太郎 4/12 CX 世界は言葉でできている チャンピオンシップ2012



   「無茶はいいけど無理はアカン!」
   濱口優 4/12 EX 濱キス



「諦めるのっていつでも出来るじゃないですか。我々しつこい。
駄目でも何度でもテストする」
ドリル生産量世界一 オーエスジー・大沢二郎
(―最強の金属に穴を開けるドリルの開発途中で)4/15 CX ほこ×たて



   「現状に納得せず 常に上を目指す」
   キャンドル作家・マエダサチコ 4/15 TX ソロモン流



人のために作ることは心の豊かさにつながる
パッチワークキルト作家・若山雅子 4/15 TX ソロモン流



   「やりたいと思った時が始まり年齢に関係はない」
   花職人・中村睦子 4/15 TX ソロモン流



(死刑囚が独房の中で紡ぎだした句の数々_)

「蜘蛛一日(ひとひ)出口探して見つけ得ず」
(―出口が見つけられない蜘蛛に自らを重ねる)

「木犀の香を掻き乱す配膳車」
(―独房でふと感じた花の香り。いつもの食事の匂いで消えてしまった)

「天穹(てんきゅう)の剥落のごと春の雪」
(―春の初めに降る湿った雪をまるで空が剥がれ落ちてくるようだと詠んだ句)

「秋の日を映して暗き鴉の目」
(―屋外に出たとき見かけたカラス。その暗い目の底を覗き込む)

「その時の来て母還る木下闇(こしたやみ)」
(―初夏。闇の様に暗い木陰。そこに母は還っていった)

「玻璃(はり)越しに片手合はすや四温光(しおんこう)」
(―玻璃はガラス。四温光とは冬の合間に訪れる温かな日の陽の光)

「ででむしやまなうら過(よぎ)る死者の影」
(―かたつむりの様にゆっくりと、瞼の裏を死者達が通り過ぎて行く)

「額衝(ぬかづ)くや氷雨たばしる胸のうち」
(―地面に額を擦り付ける胸のうちを、雹[ひょう]が激しく打ち付ける)
三菱重工爆破事件犯人・大道寺将司死刑囚
4/15 ETV特集「失われた言葉をさがして 辺見庸 ある死刑囚との対話」



   「震災後、痛めつけられたところをきれいに言う事が多いでしょ、きれい
   に言わないと申し訳ないみたく。何か俺は自分の記憶とか、故郷に対する
   敬意がかえってないみたいな気がする。みんなどこもきれいでよかったと、
   人も良くって、というのは、本当の正直な故郷とか死んだ人に対する敬意
   がないような気がするわけね。やっぱり石巻(=生まれ故郷)の人間は良
   かれ悪しかれ迫力あったと言ったりさ、恐いってそういうふうに言ってあ
   げたほうが、俺にとってはかっこいい。震災後気にくわなかったのはそれ。
   きれいごと言うんじゃないよ、と。コーティング、人の記憶を一律
   にしちゃうっていうかな。みんな記憶は違うはずだと思うんだけ
   どね」

   「3/11で人がいっぱい死んだわけだけど、あれはつまり『思うこと』がね、
   心ならずもさ、破綻されて、沈黙を強いられているわけだよね。そういう
   死者の為にもね、残ったものはうんと思わないかんよね。人がどんな覚
   悟があっても、どんな老いてても、どんな罪があっても、人が何か『思って
   る』っていうことが、誰にでも許されなきゃいけないという風に思う。なにか
   思う、なにか語る、なにか表現する。沈黙しててもいい。なにか『思う』って
   いうことが、今一番の原点で、そこに戻るしかないと思う」

   「今という時代は、何か大事なことを考える、一所懸命考えるということが、
   いかんのだと。もっと人を予定調和で、ここは笑うところ、これは悲しんだ
   ふりをするところ、ここはこういう表情をするところなんだというふうにみん
   なそれを知っていて、それをやっている。それと違う事を言う、違う言い方を
   すると、なにか集団の無意識の力でもってそれを排除していく。それはい
   かんなぁと。だからこそ、僕は僕の言葉というものに最後までこだわらざる
   を得ない」
   作家・辺見庸
   4/15 ETV特集「失われた言葉をさがして 辺見庸 ある死刑囚との対話」



「過剰適応(※誰にも嫌われたくないという思いから人に合わせ過
ぎること)してしまう人は、あえて1人の時間を作ったほうが良い」

「いっぱい背伸びをしようとする時の知識を増やす事は必要なこと。
量質転化(地道な努力がある日突然報われるなど量を積み重ねる事で
質的な変化を起こす事)がパンパンになって弾けた時に自然体になっ
ていく」
精神科医・名越康文 4/15 TBS アシタスイッチ