テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【きょうのIPPON!】「チープな演出で引き付ける成功例CM」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

新規オンエアCMの中から、選りすぐりの1本を調査員の独断と偏見で選出。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><


■富士急ハイランド/高飛車
タイトル:「連休フジQ2012」篇


毎度まいど奇想天外、脱力感溢れるアトラクションのネーミングと広告展開で、
話題作りに事欠かない「富士急ハイランド」。
今回の新しいCMもイマジネーション駆り立てる作品に仕上がっています。
まずはCMをご覧ください。


(YouTube:富士急ハイランド 公式チャンネルより)


“びっしゃびっしゃたかびっしゃ びっしゃびっしゃたかびっしゃ…”
とつぶやきながらエスカレーターの手すりをなぞり、そして落下していくライドの4人。

〝コースター狂〟の『富士急好き』には何を指しているか分かりますが、
コースター嫌いの人には全く理解不能、なんのこっちゃ?状態。
そこで下記サイトの冒頭、Flashアニメをご覧ください。

「高飛車」特設サイト


で。また、このCMを見てみると…

どうです?
先ほどのサイトにある、冒頭の『一筆書き』を見ればナルホド、
CMで言いたいコト、伝わりましたよね?
実際にCMを見た人の、この一連の流れもきっと折り込み済みなのでしょう


あえてチープ感溢れる作りでこちらの興味を引きつつ、
視聴者の動きをしっかりと熟知したCM戦略。
さすがの富士急さんに、研究員MoTは今回もしてやられました笑。

GWの選択肢がまたひとつ増えましたね。淡路島」が遠いという方は富士のふもとへ。


富士急ハイランドホームページ
「高飛車」特設サイト