テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【きょうのIPPON!】「『母の日』賛歌」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

新規オンエアCMの中から、選りすぐりの1本を調査員の独断と偏見で選出。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

■ライオン/企業
タイトル:「タイムスリップ家族 母の日」篇

オシャレな雑誌「Tokyo Graffiti」とコラボした、
研究員MoTの大好きなライオンの企業CM「タイムスリップ家族」シリーズが
母の日バージョンになって帰ってきました。
60秒は母の日直前の11日(金)CX系「ごきげんよう」内のみで流れました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

自分のものじゃなくて
家族のものばかり
買ってくる

自分の好きな料理じゃなくて
家族の好きな料理ばかり
作っている

自分が風邪をひいたときも
家族の風邪の心配ばかり
している

いつか家を
出てしまうときがきても
それを応援してくれる

それは、お母さん


(Na)一日一日に、あなたからの愛が詰まってる
ありがとう、お母さん。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(YouTube:LION オフィシャルムービーチャンネルより)




そもそも母の日とは、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。
(5日前のNmabkさんの投稿をご参照ください)

個人的には「母の日」って名称、
なんか“崇高な”というか、かしこまってる表現な気がして、なんかしっくりこない。
それは外向きな時に使う「はは」っていう言い方に起因してるのではないか、と。

「母の日」を、トクベツな日じゃないんだという認識にするためにも
普段から読んでる呼び方にしてみるだけで印象変わるかも。

            「かあさんの日」
            「おっかァの日」
            「かあちゃんの日」
            「オカンの日」
            「ノリコの日」

…何だかこれだけでグッと身近に感じませんか?

それにしても母のチカラとは、偉大です。
私はこれから、
『縁の下の力持ち』のことを『お母さん』と呼ぼうと思います。

【使いかた・1】
「今回のプロジェクト、○○君の支えがあったからこその成果だよ」
「ホント、○○さんて『お母さん』よねー」

【使いかた・2】
「復興の礎となるボランティアの日々の取り組みは、まさに『お母さん』と言えましょう。」

【使いかた・3】
「不甲斐ない私をここまで育ててくれた大好きな両親。
これからも生涯に渡って、私の『お母さん』であり続けていてください」(ん?)


・・・・・とまぁ、色々と書きましたが。
「かあちゃん」が近くに居ようが居まいが、
このCMを見ると、ホントは毎日が『かあちゃんの日』なんだということに気付かされました。
「ありがとう」を言いそびれちゃったと思ってる方、遅いということはないですよ。


■CMエピソードもやっぱりイイ感じでした。こちらから
ライオン株式会社ホームページ

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

【オ マ ケ】
テレビを愛するテレビラボですが、ラジオもそこそこ愛している研究員MoT。
母の日つながりでちょっとご紹介。
5/13のTBSラジオ、『安住紳一郎の日曜天国』のテーマは『母さんの愉快な話』
思わず噴き出してしまうリスナーからの「愛くるしいかあさん」エピソード盛りだくさん。
イチオシは寝ている父を使った「父ヒゲ危機一髪」ゲームを発案した母(9分55秒~)、
あの「レイクエンジェル」の如く、朝から『ハ』『ヤ』『ク』を体で表現する母(13分35秒~)。
番組公式ポッドキャストでおたのしみください。
http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/pod/index-j.html