テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【きょうのIPPON!】「ふたりの天才と夢の続き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
新規オンエアCMの中から、選りすぐりの1本を調査員の独断と偏見で選出。
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

「一騎打ちはどうするんだ?」
(武藤敬司から故・三沢光晴へ)

■デジキューブ
オールスター・プロレスリングⅡ(PS2) 「伝説のレスラーたち」篇 

前回からの続き。

1990年代、老舗の新日本プロレスと全日本プロレスを盛り上げるふたりの天才がいました。
超世代軍・プロレス四天王の中心だった三沢光晴と、闘魂三銃士の1人、武藤敬司です。

そんなふたりが競演しているCMが、2001年に放送された「オールスター・プロレスリングⅡ」です。
この当時、三沢光晴は全日本プロレスを退団し、プロレスリング・NOAHを設立。
武藤敬司は新日本プロレスから全日本プロレスへと移籍しました。
そんな状況下、プロレスファンから対戦を熱望されていた武藤敬司と三沢光晴は、
2004年7月10日に行われたNOAH東京ドーム大会でタッグで初対戦。
この試合では敗れた武藤敬司でしたが、
「夢の続き、見ませんか?」と三沢光晴にメッセージを送りました。
そして、三沢光晴は古巣である全日本プロレスへの参戦を果たし、
10月31日、両国国技館での武藤敬司デビュー20周年記念興行において
武藤敬司は三沢光晴とドリームタッグを結成し、
馳浩・佐々木健介組と対戦して勝利を収めました。

「夢の続き」を実現させた武藤敬司でしたが、
三沢光晴の死去により、ここで夢は終わったのでありました。

夢の続きであろうと思われる「一騎打ち」が唯一観られるCMとして、
永遠とプロレスファンの間で語られるのではないかと思います。

で、ここで告知をひとつ

~三沢光晴メモリアルナイト~
【日時】2012年6月13日(水) 18:30~
【会場】後楽園ホール

三沢社長の三回忌となる6月13日に、メモリアルマッチが開催されます。

プロレスリングNOAH http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=4036


以上、プロレスファンの研究員 Nmabk でした!