テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【懐かしの映像】東山紀之に起こったアクシデント!!1986年1月30日放送の「ザ・ベストテン」(少年隊「仮面舞踏会」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
東山紀之が6月8日放送<はなまるカフェ>に出演。

とっておきの映像を紹介するコーナーで、1986年1月30日に放送した「ザ・ベストテン」を紹介した。

ヒット曲「仮面舞踏会」を披露する、当時20歳と19歳の少年隊。

東山紀之が右足を振り上げた瞬間、靴が逃げるハプニングが発生。
靴下のまま熱唱、ダンスも靴下のまま行なった。
脱げた靴は、熱唱する東山紀之の前に…。
笑いをこらえて歌い続ける植草、錦織。

生放送のアクシデントで撮り直すわけにもいかず、そのまま放送された。


東山紀之は「ハプニングがある方が人は成長する。覚えてもらえるし、失敗は悪くないな。」と語った。


ちなみに薬丸裕英から歌詞を忘れることは?という問いに対して、

「僕らは3人組だから、誰か忘れても誰かが覚えている。

声は出ているので、それは助かる。

今の人達はスゴイですよね。歌詞も間違えないし、息も切れない。

うらやましいよ。どうしたら、あーいう風になれるのか研究中ですね。

スタジオは笑いに包まれ、薬丸裕英は「ポイズン…」と言うにとどまった。



クチパクのことですね。



クールな顔で毒を吐く東山紀之は格好よく、年齢を重ねたアイドルは面白いな~と思いました。