テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

"ワケ待ち"したくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
近年、すっかり定着したワケあり商品。形は不揃いでも正規品と比べて商品の質が変わらないのに値段が安く買えることで人気に火がつき、多くのお店で見かけるようになった。私自身もワケ有り品に興味があり、販売されていればついつい気になってしまうタチだ。ところで、最近になって"ワケ待ち"という言葉を初めて耳にした。みなさんはご存知だろうか。

ワケ待ちというのは、将来ワケ有りとして販売されるのを見越して、早めに予約して安く買うことができる商品のこと。

このワケ待ち商品が注目されていて、6月12日のテレビ朝日「モーニングバード」でも取り上げられていた。番組の中で紹介された"ワケ待ち"マンゴーは正規品と質は変わらないにも関らず、価格は1/3で提供。贈答品としては大きく箱に入らないため、規格外商品になったという。ワケ待ち商品は正規品に比べて安く購入できるほかにも予約した商品がいつ届くのかといったワクワク感や届いたときに箱を開けて見たときのドキドキ感もあって人気となっているようだ。ワケ待ち商品を売っている店の中には工場に直接取りにいくことで更に安く購入できるところもある。よくピザ屋のデリバリーで直接取りに行くと半額になるといったお店もあるが、それと同じだろうか。

ワケ待ち商品として販売することは生産者側にもメリットが生まれる。ワケあり商品として販売した場合に売り損なう可能性があり、ワケが出る前に予約すれば生産者が損する可能性を減らすことができる。

そもそも、ワケ待ち商品が流行っているのはワケ有り商品が見た目にはマイナスであったとしても質は正規品と同じであることが認知されたためではないだろうか。

こんなお得なワケ待ち商品があることを知った私としては俄然、"ワケ待ち"したくなったのである。


■6月12日 テレビ朝日「モーニングバード」
「からくりサーチ~お得な“ワケ待ち商品”のからくり」