テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

こんな車があったら夢ですよね~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
このタイトルをみてピンときた方は、さすがです!!



世の男性諸君なら、一度はこの海外ドラマを目にしたことでしょう。

そうです!ナイトライダーです!!

様々な機能を搭載し、人工知能によって自律での無人走行や会話をするという夢の車でした。

車内はコンピュータ等のスイッチ類が無数にあり、車とは思えない内装でした。

トランザムをベースに改造したマシン、ナイト2000に搭載した人工知能をK.I.T.TKnight Industries Two Thousandの略)と言い、主人公のデヴィット・ハッセルホフ演じるマイケル・ナイトと様々な悪に立ち向かう内容が印象的でした。


車体のフロントに光るレッドのインジケータも印象的でした。


そして約20年余りの時を経て、フジテレビ系の月曜深夜にナイトライダーネクストとして帰ってきました。


あの懐かしいオープニングテーマのイントロを聴くと、「ナイトライダーだ~!!」って興奮してしまいました。


今作では、主人公のマイク・トレーサー(後にマイケル・ナイトを名乗る)演じるジャスティン・ブリューニングが起用され、マイク・トレーサーはマイケル・ナイトの息子という設定。


序章篇の後半では、デヴィット・ハッセルホフが出演し、親子として会話しているシーンがあった。


また、今回登場するマシンは、フォード・マスタングを改造したナイト3000が登場し、K.I.T.Tの声は当時担当していた「野島昭生」氏、違和感なく見ることができファンなら同じ声で嬉しいことでしょう。


車体フロントに光るレッドのインジケータは健在で、新しさの中に昔の良き部分が残っていると感じました。


車内は当時のようなコンピュータの塊があるわけでもなく、シンプルな内装になっています。


前作から、20年余りが経っているため、アクションではフルCG加工しており、CGによるトランスフォームで車体の形を変えたりしています。


前作であった、K.I.T.T対K.A.R.Rの対決が今作もあり、ファンはとても嬉しかったことでしょう。


月曜の深夜に放送していることもあって、最初は知らず見逃してしまったりもしましたが、そんな見逃した方に朗報!!


ナイトライダーネクストのDVD/BD-BOXが7/3に発売です!!




ナイトライダーwikipediaサイト


ナイトライダーネクストフジテレビサイト