テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

ゴルフ中継の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

みなさんはテレビのゴルフトーナメント中継の実情をご存知ですか?

男女の所謂メジャートーナメントはNHK、日テレ、テレ朝等が生中継していますが(一部録画放送あり)通常の地上波におけるトーナメント放送は土・日曜の夕方に決勝ラウンドを1時間半程度に録画編集してダイジェストを放送しています。そしてそれはアナウンサーと解説者が既に試合結果を知りつつ編集した画面を見ながらコメント、解説を録音している場合が多いのです。あたかも今行われている試合をスイッチングされるモニターを見ているかのように‥。何?ご存知でした?それは失礼しました!!それゆえ解説者が予想めいたコメントをしてその結果通りになり、アナウンサーが「○○さんの言った通りになりましたね」などと褒めたりしているのを見ると白けてしまったりするのです。

今年5月までの女子プロゴルフ中継の平均視聴率は昨年の7.2%から約2%ダウンするなど、ファン離れが出始めています(2012年6月11日付スポニチアネックス)。人気選手の海外流出、ケガで不出場、韓国選手の活躍などが主な要因ですが中継手法にも問題はありそうです。米国のトーナメント放送は全てライブが原則で上述のようなことはありません。日本のように男女問わず、下位順位の有名選手のプレー映像を、繰り返して振り返ることもありません。成績上位の選手に徹底してフォーカスし、タイガーやミケルソンなど人気選手も成績が振るわなければスルーされます。日本ではスポーツ中継の中でも制作コストが高く代理店、スポンサー、視聴率など様々なしがらみの中でトーナメント維持を図るためには仕方が無いのでしょうが‥。

そうした中で昨年話題となったのが5月に第一回大会が開催された、男子プロゴルフの“とおとうみ浜松オープン”のテレビ中継でした。特定のスポンサー企業を持たず、市民による手作り感をアピールして始まったトーナメントです。この大会はダイジェスト放送ではなくBS-TBSのみが連日5時間、予選から最終日まで4日間合計で20時間の生中継を実施しました。BS放送のため単独の視聴率は発表されませんが、あくまで推定ですが約10%というBSでは異例ともいえる高視聴率を獲得したそうです。同局では前回の好評価を受けて今年も5月19日から4日間、同様の長時間放送を実施しました。

プロ野球やJリーグは数字が取れず地上波からBS、CSへ中継が移行し始めています。「CATVのゴルフ専門チャンネルやNHK-BSで中継される海外トーナメントの方が断然面白い」と感じる人が増えつつあるとも聞きます。一部の人気選手に依存したまま、そこそこの数字を取っていれば良いといった姿勢で、本当のファン離れを食い止められるのか?それとも地上波中継からいずれシフトして行くのか?ゴルフ中継は今、正念場に来ているような気がします。