テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

相撲界 信頼回復へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
信頼回復に努める相撲界。2008年の大麻問題、2010年の野球賭博問題に続く昨年の八百長問題と度重なる不祥事が発覚し、人気は急降下。2010年には史上初となるNHKの名古屋場所の中継が中止された。不祥事の問題もあって観客数は減少。連日のように満員御礼の垂れ幕を掲げていたのは過去の話。テレビ中継を見ていても所々に空席があるのを発見できる。

不祥事により一度は地に落ちた相撲ではあるが、様々な取り組みで信頼回復に努めている。相撲協会公式ツイッターを開設。本場所情報やチケット情報を流したりするなど流行のSNSにも着手した。
その他、今年5月に開業したスカイツリーの高さにあやかり634円のチケットを販売したり、握手会や写真撮影会を行うなど、観客数を増やすために試行錯誤を続けている。

7月1日(日)にフジテレビで「ジャイアントキリング」という番組が放送された。横綱の白鵬を始め関取が全員が集結。撮影に使われた場所はあの大相撲の聖地・両国国技館。日本相撲協会が全面協力するという力の入れようだ。

番組では相撲ではなく、「胃袋力対決」「空中手押し相撲対決」「歌唱力対決」「腕相撲対決」の各ジャンルでの対決。「我こそは!」と立ち上がった芸能人たちが現役力士たちに戦いを挑んだ。ゲストには人気子役の愛菜ちゃんと鈴木ふくくんも登場し、番組は大いに盛り上がったようだ。

番組を見ていると出演した力士たちが皆楽しそうだった。相撲を取っている時の真剣な表情とは違った一面を見せてくれたことで、番組をご覧になった方は力士たちに対する見方も変わったのではないだろうか。

メディア露出していくことはファン獲得するために必要なことだろう。ただ、一度失ってしまった信頼を取り戻すことは簡単なことではない。

〝私たちは相撲を見るのが好きだ〟

だが、それは信頼できる力士たちの取り組みに限ってのこと。

力士たちが相撲道精神に則って、真摯に取り組んでく姿勢を見せ続けていくことで信頼が少しずつ回復し、徐々にファンもついてきてくれるのではないだろうか。

7月8日からは名古屋場所が開催される。5月に行われた夏場所では旭天鵬が37歳にして悲願の初優勝を成し遂げたことは記憶に新しい。今回は横綱・白鵬を始め大関陣が黙ってはいないはずだ。だが、白鵬も夏場所では5敗を喫し、以前のような圧倒的な強さは影を潜めている。祝盃を手にするのは果たしてどの力士だろうか。

************************************************************************************************************************

本場所情報(日本相撲協会 公式サイト)

日本相撲協会公式ツイッター

7/1 フジテレビ 「ジャイアントキリング」 力士に勝ったら100万円