テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

どっちが早い!?高速一筋VS自由走行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
8/17の夕方、ふとニュースを見ていると面白い特集がオンエアーしていたので、マジマジと見てしまった。

NTV系列でオンエアー、news every.の特集「密着!夏休みの渋滞家族」というコーナーだ。


「木場さん一家」「赤羽さん一家」の2組が登場し、高速のみを使用した場合と、高速と下道を併用した自由走行でどちらが早く目的地に辿り着けるかと言った内容。

ルールは法定速度厳守・2回の休憩(合計1時間半)を取ること。


東京・駒沢オリンピック公園をスタートし、軽井沢駅がゴール。


「木場さん一家」→高速一筋
「赤羽さん一家」→自由走行


お互い、環八ルートまでは一緒で、木場さん一家は用賀インターから首都高へ。
対する赤羽さん一家は、関越道に乗るため、練馬インターへ向かう。

すると木場さん一家、用賀インターで早くも首都高が渋滞・・・。
赤羽さん一家、環八が順調に進み、練馬インターへ向かってる途中に、渋滞情報を見て唖然とする。
すでに16キロの渋滞情報が案内されていた・・・。
赤羽さん一家は渋滞手前で降りようという作戦のようだ。

木場さん一家は、首都高の渋滞を抜け、美女木ジャンクションから外環道へ。
外環道はガラガラで順調に進んでいると渋滞情報が現れ、『所沢-花園45キロ120分』の文字が目に飛び込み、愕然・・・。
覚悟を決めて関越道へ入り、早々と三芳パーキングで30分の休憩を取ることに。


休憩中に赤羽さん一家から電話が入る。
どこにいるのかを確認するためのようだ。

すると、赤羽さん一家は所沢インターで降り、下道で川越市付近を走行中。
両者の差は約15キロ。
赤羽さん一家は少々喜び、もしかしたら勝てるんじゃないかという思いがあるのかもしれない。


木場さん一家は、休憩を終え45キロの大渋滞の中へ・・・。
対する、赤羽さん一家は、下道を快適に進む。
赤羽さんは元トラック運転手をしていたこともあり、走りなれた道を巧みに選んで走行。

渋滞情報をチェックし、東松山インターから再び関越道へ。
すると、関越道は嘘のようにガラガラで、気持ちよく走っていると木場さん一家からメールが入り、上里サービスエリアで休憩してるとのこと。

だいぶ先まで行っているので、赤羽さん一家はガッカリする・・・。
上里サービスエリアで休憩している木場さん一家を横目に通り過ぎ、横川サービスエリアで休憩を取ることに。


果たして、どちらが先に目的地に着くだろうか・・・。



勝ったのは、高速一筋「木場さん一家」でした。



勝因は、渋滞はしていたが止まることなくノロノロ運転で進むことが出来たためだった。
渋滞情報は時に過信しすぎると、仇となってしまうのかもしれませんね。


体力的に問題なければ深夜に走行し、途中で仮眠を取ったりしながら行くのも良いですね。

筆者である私は、上記のような深夜走行を選び、お盆休みを行楽地で過ごしましたが、渋滞もなく快適に走ることが出来ました。
深夜・早朝が一番交通量の少ない時間帯なので、ストレスなく走ることが出来ました。


また余談ですが、高速道路で渋滞が発生した場合は、一番左側の車線を走行すると比較的スムーズに走行することが出来ますので、ご存知の方もそうでなかった方も渋滞が発生したら左側を走行しましょう。