テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

ゲリラ豪雨・・・今年は少ない気がしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
普段、外に出る仕事をしている研究員ですが、今年は去年に比べいわゆる“ゲリラ豪雨”に遭うことが少ない気がします。
実際はどうなのか、ちょっと調べてみました。

まずは気象庁のデータで7/20~8/19の1ヶ月間の「東京都・東京(千代田区)」の降水量を比較すると、2011年が147mmであったのが、今年は36mmまで減少。1日に10mm以上の降水になった日も、2011年は4日あったものが2012年は1日に留まっています。

 東京地区の主要テレビ局のニュース番組から、『ゲリラ豪雨/集中豪雨』のキーワードが含まれた話題を抜き出すと、2011年の7/20~8/19の1ヶ月間では102番組・7時間25分58秒の報道がありました。
それが今年の同期間では22番組・1時間9分16秒と、番組数・時間ともに大幅に減少しています。

今年はオリンピック時期に重なっているなど、報道量に影響を与える事象もあるとは思います。
もしかしたら昨年大々的に報道してしまったため、テレビ局が“話題性”を感じなくなってしまったのかもしれません。

東京に限ってみればこの夏は比較的平穏な天候であることが、報道からも伺えます。
とはいえ全国的には今年も大雨の被害を受けたエリアもあり、いち早い復旧を願うばかりです。


【調査概要】
▼調査期間:2011年および2012年の7月20日~8月19日の1ヶ月間
▼対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ
(東京地区地上波オンエア分)