テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【きょうのIPPON!】「祝メダル獲得!チャレンジし続けた寺川選手を映した、幻のCM」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

新規オンエアCMの中から、選りすぐりの1本を調査員の独断と偏見で選出。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><


■プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン/パンテーン


『目指していたイチバンではないですけども、うれしいです。』
女子100メートル背泳ぎ決勝で見事銅メダルを獲得し、試合後のインタビューでこのように語った寺川綾選手の表情は、実に晴れやかでした。

“頑張り続けるすべての女性を応援する”というP&G「パンテーン」ブランドHP上では、そんな寺川選手を応援するスペシャルサイトが開設されています。
このサイト内で、「自分に負けたことは一度もない」という寺川選手のこれまでの軌跡を追った30秒のCMが紹介されています。苦労や挫折を味わい続けてきたからこその、あの清々しい表情なんだと強く感じることができます。

パンテーンHP内スペシャルサイト「チャレンジし続けるアスリート、寺川綾」
(『寺川さん出演のCM』をクリック)
http://pantene.jp/terakawa

実は、このサイトにもまだアップされていない、幻のCMがあります。
7月29日の五輪中継内で1回だけ流れたこのパンテーンのCMは(※8/1現在)、寺川選手の強い気持ちが今回のメダルに結びついたものとも思える、感動的なものです。
幼少期の映像も交えながら寺川選手本人が語られた、60秒の長尺CMです。


            ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

  【スーパー】
  寺川綾、27歳。
  背泳ぎ日本代表。

(寺川選手)
「水泳を始めたのは3歳ぐらいの頃なんですけれども、身体を強くするために母がスイミングスクールに連れて行ってくれました。」

  【スーパー】
  カラダが弱かった。
  丈夫になるためにはじめた水泳。

Na)彼女は育っていった。日本を代表するスイマーへ。順風満帆かと思われたが…

(寺川選手)
「結果を出さなきゃいけない出さなきゃいけないって思っていたので、結果がついてこないことですごく苦しみました。水泳に向いてないんじゃないかなっていう風に・・・」


  【スーパー】
  彼女の前に、高く厚い壁が。
  代表落ち。
  北京オリンピック落選。

  でも、どうしてもあきらめたくなかった。


(寺川選手)
「まだ自分で『引退します』って言う前に、周りから『今までよく頑張りました』とか言われたことがすごく悔しくて、逆に私に火を付けたというか…」

  【スーパー】
  ぜったいに、もう一度輝いてやる。

Na)夢に向かい、決して努力を惜しまなかった彼女は今ふたたび、世界で最高の舞台に立つ。

  【スーパー】
  ふたたび、世界最高の舞台へ。


(寺川選手)
「4年間掛けて、この一瞬を待っていました」


  【スーパー】
  信じた分だけ願いに届く。


【※一部省略/文字で綴るのもやはり限界があるので、メダル獲得の記念に是非ともサイトにアップしていただきたい!】

            ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

パンテーンのブランドメッセージ『信じた分だけ願いに届く』が見事に具現化されました。
悲願のメダルを獲得した今だからこそ、強く胸を打つことばの数々です。
そのこころざし、生き方もこんなに美しかった寺川選手。
表彰台での笑顔は『信じ続けた自分の証』で、自信に満ちているように見えました。