テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

航空管制官になった気分で見ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

今月からフジテレビ系列で始まったドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」を
毎週欠かさずに見ています。

以前、CS放送でも航空管制を舞台にしたドラマ「TOKYOコントロール 東京航空交通管制部」が
放送されていて見ていたので今回のドラマにも興味があり、どんなストーリーかな?と思っていました。
すると、登場人物に「TOKYOコントロール」に出ていたキャストが何人かいて、あれ?と不思議な
感じで見ていたところ、このドラマは「TOKYOコントロール」の2年後を描いた続編との事でした。


ちなみに・・・。日本では2つの航空管制業務があります。
各空港の管制塔で行うターミナル管制業務と日本全域を管制するエンルート管制。

<エンルート管制>
空港から空港の間を安全に飛行出来るように航空機に上昇や降下などの指示を出して交通整理をしている管制。
日本全域は4つのセクター(札幌・東京・福岡・那覇)に分かれていて、その中でも最も広いエリアを
担当している東京航空交通管制部を舞台にしているのが、ドラマ「TOKYOコントロール」です。

<ターミナル管制>
空港内にある管制塔から航空機を滑走路へ誘導したり、離着陸の許可などを指示する管制業務。
今回のドラマ「TOKYOエアポート」は、このターミナル管制を舞台にしている。


ドラマの中では、普段聞きなれない用語などが出てきます。たとえば、航空機に着陸で使用できる
滑走路を指示する時には、ランウェイ34R(ランウェイ スリーフォーライト)とか。※羽田空港の滑走路の場合。
ドラマが進むに連れ少しずつ意味が分かってくるので、まるで管制官になった気分でドラマを見てしまいます。

先日、実際の航空機の現在位置などを見ることが出来るiOSのアプリ「Flightradar24 Pro」を
iPhoneやiPadに入れてみました。
このアプリでは、世界中を飛行している航空機の便名や位置情報、高度、速度などを、
GoogleMap上に表示することが出来るので、ついついドラマで登場した用語とリンクしてしまい、
この航空機はランウェイ34L(スリーフォーレフト)へ着陸した!とか、何処へ向かっている航空機だろう?とか思いながらアプリで遊んでしまいます。

今放送中の「TOKYOエアポート」、「TOKYOコントロール」はCS放送などで、リピート放送
されていますので、第1話を逃した方もまだ間に合うので、是非見ては如何でしょう?


ドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」
http://www.fujitv.co.jp/tokyo-airport/ (フジテレビ系 毎週日曜日 21:00~)

ドラマ「TOKYOコントロール 東京航空交通管制部」
http://www.fujitv.co.jp/otn/TACC/