テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【きょうのIPPON!】「私が選ぶ『ことしのIPPON!』」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

新規オンエアCMの中から、選りすぐりの1本を調査員の独断と偏見で選出。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
■パナソニック/企業(60秒)
■タイトル:LED照明技術 CM 「この日のために」篇

あれよあれよという間に2012年もまもなく終焉を迎えます。悲喜こもごも、今年も様々な出来事がありましたが、中でも明るい話題で長らくみんなが待ち焦がれていた・・・とくれば、これはもう「東京スカイツリー」をおいて他にないでしょう。で、実際に担当者も今年印象に残った「IPPON!」として、スカイツリーにまつわるこちらのCMを挙げたいと思います。
事業主体の東武さんやエレベーター納入の東芝さん、アンテナ納入の日立さんなどスカイツリー建設に携わった企業のCMはいくつかありますが、中でもこちらは思いが強い分(?)別格に感じられました。

5月22日の火曜日、スカイツリー開業当夜のテレビ朝日にて1回だけ放映された幻のCMです。
午後6時58分の点灯の模様を、なんとその日の夜10時45分のCM枠にて『撮ってだし的オンエア』を敢行。
構想から着工、そして開業にたどり着くまでの苦労バナシは60秒のCMといえども、この尺ではきっと語りつくせぬと思います。

   Na)
   東京スカイツリー。
   そのライティングをすべてLEDで実現するために、
   パナソニックは、今日まで挑戦を続けてきました。

   世界一高い電波塔の全体を照らすために、
   LEDをパワーアップすること。

   そして、2つのコンセプトカラーを忠実に再現すること。

   これまでに培った技術の水位を集めました。
   すべては、この瞬間のために―。

(YouTube:Channel Panasonic - Officialより)



一瞬の静寂からパッとLEDが点灯し、「わぁー点いたァ」と沸き立つ歓声と拍手に何度見ても目頭が熱くなります。まさに『日本に新しい夜景が誕生』した瞬間です。
私のようなイチ視聴者でもこの時にかけた熱い思いが十分に伝わりますが、当日の点灯する瞬間をニュースからの映像ではなく、CM枠の映像で伝え思いを共有し、この日までに関わった全ての関係者に向けて今までの苦労を労いたいという、パナソニックさんの関係各位に向けた「感謝御礼CM」のようにも、感じません?(すごく勝手な思い込みですが。)

スカイツリーLEDのように、2013年は美しい彩りに満ちた一年となりますように。

◆EVERLEDS TOKYO SKY TREE&LED PROJECT|Panasonic
www2.panasonic.biz/es/everleds/special/st

◆東京スカイツリーオフィシャルページ
www.tokyo-skytree.jp