テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

プレイバック!テレビの名言(2013/2/4~2/10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「わるい時がすぎれば、よい時が必ず来る。おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るを待つ。あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。だが、何もせずに待つことは僥倖を待つに等しい。静かに春を待つ桜は、一瞬の休みもなく力をたくわえている。」
松下幸之助 2/4 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)




「幸せとは、自身の心の中にこそ芽吹くものです。ご自身の心の中に芽吹く希望の芽を見出して下さい。あなたの人生は、あなたを踏みつけにする人に侵されるほど軽いものではありません。とても尊いものだと信じて下さい」
浄信寺・吉田健一住職 2/4 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)




「やっぱりマラソンは楽しい」
公務員ランナー・川内優輝 別府大分毎日マラソンレース後インタビュー




「人間はできそこない 忘れないといって忘れてしまう 人間は愛おしい 忘れたいことほど忘れられない」
チャットモンチー『ハテナ』2/5 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)




「『観音さま』は、『観自在菩薩』とも言います。読んで字の如く“自在に観る”という事で、変装の得意な仏さまです。あらゆる人や物にも変化して、人々を救う仏さまと言われています。いまあなたにとって辛い出来事が起きたとしても、あとになってみたら人生を見直す大きな契機や、よい結果に繋がる事であったと気付くかもしれません。そう考えてみると、今あなたの隣に居る人や出来事は、もしかしたら変装した観音さまの成せる業かもしれません」
安楽寺・伊藤顕翁住職 2/5 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)




(歌舞伎俳優・市川團十郎さん死去)
「同世代の方たちが亡くなっていくのはこの上なく寂しいことです。先日からいろいろと悲しいことが有り、今の自分の心中の『未来』という字に、いつ晴れるともない霧がかかってしまいました」
坂東玉三郎(コメント) 2/5 TBS 朝ズバッ!




「感謝の念とは 心に書き留めた記憶である」
教育者 J・B・マッシュウ(出典 シカール神父への手紙) 2/5 NTV 元気のアプリ




「迷わないのは努力を忘れた奴だけだ だからどんな天才も迷う そして迷うことでしか壁は破れない」
『バーテンダー』(城アキラ・長友健篩)2/6 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)




「闇を抱えた自分を知ることで、仏さまの救いに出遭える」
宗願寺・井上由真副住職 2/6 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)




(憧れだった現在の愛車、ミニクーパーを前に)
「スタジオで滑ったなっていう時あるんですけど、そういう時マネージャーも若干無口になったりするじゃない。で僕をなぐさめてくれるのはこのクーパーなんです。『石ちゃん、大したことねぇよそんなの!』って」
(現在の愛車、ミニクーパーを運転しながら)
「これで入れない道は、道じゃないと思ってるから」

「クルマとは『相方』。カミさんとか家族にも見せない『しまった!』っていう時の顔とか、物凄い有頂天になってる姿もクルマは見てるし、スタッフに物凄いキレてる俺の事も見てるし。クルマってモノじゃないですよ、僕にとっては」
石塚英彦 2/6 おぎやはぎの愛車遍歴




(「目が大きいはイイ事」発端はキャバクラ?)
「あくまで花街における嗜みだったのが、みんなそこら辺の街で横に花魁連れて歩いてる喜びみたいなのを感じちゃうようになったんだと思うよね。やっぱり好きなんだと思うんだよね。根っこの所に全面的にじゃないけど一部分、分り易いアイコンになりやすいものをひけらかして歩きたいという願望はみんなの中にあるのよ。それを常識というものだったり、人間としての理性みたいなもので一般社会に持ち込まずに、今までの日本人達は礼儀正しく生きてきたわけよ。それが外れたのよ。みんな横に花魁連れて歩いてるのよ。しかるべき場所に居て欲しい人ではないんだよ。OLさんだろうが学生さんだろうが、みんな花魁なのよ今。だからそこは節操がなくなったんだと思うよ」
(目が大きい=美人、そんな風潮がイヤ)
「『自分に何が似合うか』というか、『何が好きか』で良いんじゃない?自分が好きなものすら考えてないよね。いかに目立つかという所だけですべてを決めてしまうとこうなっちゃうんじゃない?」

「ペラペラ親に話しちゃだめよ。親に話すことによってホントの悩みじゃなくなるのよね。ちょっとラクになっちゃったり、共有してしまうことで本気じゃなくなっちゃうというか。それは逃げてるだけだろうがっていう」
 「苦しいじゃない、自分ひとりで抱えて自分ひとりで解決しなきゃいけないって。それすらも、『親と仲いい』という免罪符で本当の苦しい所に行かずに済ましちゃってる気がして」
マツコデラックス 2/6 EX マツコ&有吉の怒り新党




「青春の特権といえば、一言をもってすれば、無知の特権であろう。」
三島由紀夫『太陽と鉄』 2/7 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)




「『冬ナクバ春ナキニ』(民芸運動家、柳宗悦のことば)。冬を経験していない春は、もしかしたら見せかけの春なのかもしれません」
宝泉寺・色摩真了住職 2/7 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)




「俺が言う『からかう』っていう事は昔だと『おせっかい』なの、物がないから。今はコンビニやドラッグストアに行けば何でもあるじゃない。だからかまわなくて済むんですよ。『かまう』という事が、今の日本で一番足りない」
(まむし流『ばばぁ』の定義)
「『ばばぁ』と言って怒らない了見を持った人。それを一瞬で見抜くのが下町っ子。自分にまだ色気がある人はダメよ」
「この頃は70代でも『ばばぁって言ってネ』という人がよく来るんですよ。でもそういう人には俺は言わない、俺より下の人には。だってばばぁって言うほど魅力が無いもん、まだ」
「俺は『元気なじじぃ』を作りたい。(中略)無駄口を叩くこと。無駄口は女の特権だと思ってるじゃない?男はしゃべらないと思ってる。オトコは無駄口でも何でもいいからどんどんしゃべる。それがボケ防止!」
毒蝮三太夫 2/7 BS日テレ 加藤浩次の本気対談!コージ魂!!




「チーム作りよりも人作りだと思ってる。野球というスポーツで一番大事なのは人だからね。人が持ってる『熱』。情熱だったりいろんな熱があるけど、熱を発散して、周りに熱を発散し続けて、同じ熱の人をいっぱい作っちゃうんだな」
(最愛の妻へ贈る最後のことば)
「私は中畑仁美という女房と一緒になれたことを誇りに思い、野球人の中畑が大好きだった母ちゃんに、来年は『父ちゃん頑張ったね』と言ってもらえるように、命懸けで頑張って参ります」
「辛いときに辛い顔は出来るんだけど、『辛いときに良い顔ができる監督でいてね、お父ちゃん』と言ってくれるんじゃないかと思うんですよね」
DeNA・中畑清監督 2/7 NTV NEWS ZERO




「せっかく思いたったのです。思いたったら決心して、気がかわらないうちに、さっと実行にうつしましょう」
(ムーミン谷の名言集)2/8 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)




(大田区町工場の底力!〝下町ボブスレー〟)
「『必ず世界一になる』という意志がないと考え抜かない。絶対いいものは出来ない」
〝下町ボブスレー〟プロジェクト委員長・細貝淳一 2/8 EX モーニングバード!




「"音は人なり" 音に音楽に対するものだけじゃなくて いろんなものが出てくる」
ピアニスト・矢野顕子 2/9 NTV 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU




「大江が思ってる以上に俺、大江の事好きなんだからね」
三村マサカズ 2/10 TX もやもやさまぁ~ず2




「親に殴られるのも子供の権利」
(照雲)2/10 TBS 日曜劇場「とんび」




「勝たないとダメなんです」
プロパラグライダー・平木啓子 2/10 TBS 情熱大陸