テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

ふるさと再生 日本の昔ばなし「十二支のはなし」のはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

毎週日曜の朝9時からテレビ東京系列で放送されている
アニメ【ふるさと再生 日本の昔ばなし】をご存知でしょうか?


アニメの昔ばなしといえば、以前TBS系列で放送されていた【まんが日本昔ばなし】が有名ですが、
【ふるさと再生~】も負けず劣らずいい作品だと思います。

私も毎週見ているわけではないのですが、1週につき30分で3話放送なので
1話1話が短くサクッと見れるのと、柄本明さんと松金よね子さんの語り手が作品に非常にマッチしていて、
日曜の朝から和んで見られるのが気に入ってます。

そんな感じで、いつもはボンヤリと見ているのですが、
今年1月6日の3話目に放送された「十二支のはなし」を見ていて感動したことがあります。

お話し自体は、以前からある昔ばなしと同じく「猫がネズミに騙されて十二支に入れなかった~」
みたいな感じでしたが、この回は最後にちょっとしたサプライズ(?)がありました。

通常、その放送の3話目が終ると黒画面にフェードアウトし、十二支と猫が歩くエンディングになります。

しかし「十二支のはなし」はネズミが猫に追いかけられているラストシーンから
フェードアウトせず、画面は下にスクロール。
そして、先ほどまで話に出ていた十二支が歩くエンディングへと、シームレスにつながりました!

なんと憎い演出なんだろうと感心しましたが、共感してくれる方はいるんでしょうか?


余談ですが【ふるさと再生 日本の昔ばなし】はヘーベルハウスの一社提供番組。
なので、OP・EDに出てくる十二支の【羊】は、なんとヘーベルハウスのCMでお馴染みの
【ラム一家の羊】が出ているんですよ!

羊くんは番組HPでも見れますので、チェックしてみてください。


▼テレビ東京:あにてれ「ふるさと再生 日本の昔ばなし」HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/mukashibanashi/index2.html