テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

石川遼のPGA挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

石川遼の米国PGAへの挑戦で見えてきたこと。

1月17日から米本土でのヒュマナチャレンジ、ファーマーズインシュアランス、ウエストマネジメントフェニックスと3戦連続で出場しましたが、いずれも予選落ちの結果でした。米国に居を構え、用品契約もヨネックスから、ワールドワイドサポートを考慮しキャロウェイに変更し、スイングも改造(途中)して本格参戦しましたが結果がついて来ません。

昨年、スポット参戦したプエルトリコオープンで単独2位となるなど、スポット参戦とはいえ米国で数年に渡り実績もある程度積み上げた上でのチャレンジでしたが、前評判どおりに進んではいないようです。

PGAツアーで優勝するためには試合でコンスタントに上位に入るなど継続して成績を挙げ続けていかなければならず、予選を通過して1ドルでも多く賞金を積み上げて行くことが肝要です。「予選を通るだけのゴルフをするつもりはない」との彼のコメントがメディアで配信されましたが、石川レベルの選手なら下部ツアーにもゴロゴロいる圧倒的に選手層の厚いPGAツアーで這い上がって行くためには並大抵な努力では追いつかないでしょう。

今年のマスターズも推薦での出場が決まっており、数社のスポンサーも継続してサポートするなど恵まれた環境の中でもがいているようですが、最悪、日本に帰ればそれなりに成果は挙げられるといった甘えがあるとすれば、今後も厳しい状況は続くかも知れません。

PGAには30歳を越えてルーキーイヤーを迎える選手達もいます。彼らは決して恵まれた環境にはなく、後が無い状況で何とか予選を通過するゴルフを重ねながらシード確保、そしていつかは上位に入り優勝する夢を追いかけて試合に臨んでいます。

石川遼はゴルフを始めて、マスターズで優勝する夢を抱いたことが度々メディアで取上げられていました。その夢をいつか掴むために今何をすべきか。予選を突破して最終日まで進みその中で自分のスイングの再構築を図る。難しいことかもしれませんが今後の頑張りを期待します。