テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【テレビってイイね!今日の名言】「5/15 怒り新党・マツコが思う『女性の人生設計』論」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check

昨晩放送のテレビ朝日「怒り新党」で、久々に真面目なマツコ節が炸裂。
ネット上でも「昨日の怒り新党でマツコさんのお言葉が目に沁みて涙」「マツコの言葉がタイムリーで耳が痛い」「マツコの話グサグサと突き刺さりすぎた」「女性以上に女性の人生設計のことよくわかってる」「おい、わたしのことじゃないか」「テレビの世界にもきちんとわかってる人いるんだ」など、好意的な意見が多数散見されました。

以下、マツコデラックスが世の独身女性たちへ送るメッセージ。

(そもそもは30歳になって実家暮らしで何もしない独身の娘さんをもつお父さんからのお怒りメール。30で何もできない女性はムリでしょ?といった話の流れから…)
「『私は仕事に生きてるのよ』っていうこと?やっちゃうんだよね、ソレ。仕事がデキる女の人ほどやっちゃうんだよね。でもみんなそれで38になってひぃひぃ言ってる。じゃ、どうする?35歳ぐらいまでに結婚して、子供1人ぐらい作っておこうって思うんだったら、もう来年ぐらいには出会いがなきゃダメよ。で、付き合いはじめて1年付き合ってそれで32でしょう?32から結婚して、じゃあ33で妊娠しました、34で子供…ほらもうギリギリじゃない?もうムリ。みんないま晩婚が普通になっちゃってるから、30ぐらいだと『まだ30じゃんアタシ』って。男の人は30なんて全然まだ結婚なんて考えもしていないじゃん?それと同じ感覚でやっちゃうじゃん、女の人も。男と同じ感覚でやっちゃうのよ、仕事をしている女であればあるほど。でも35になったときよ。男はこれからよ、これから結婚して、って全然ふつうよそれが。でも女の人が35から結婚して出産するって、そんな簡単な事じゃないよ。今もう、風邪引いて病院行くみたいにポロって産めちゃうと思ってるけど、命がけの作業だからね。アレを初産で30後半でやるっていうのはやっぱり大変なことなのよ。そこをアナタ(夏目三久)ぐらいの年齢から考えておきなさいって言ってんのアタシ。考えたことある?仕事が楽しくてしょうがないだろ、今?」
(夏目三久:でも女性って楽しくなってくる年齢なんですよね?)
「だからそれは非難もしてないし良いんだけど、それと平行して、女には女のカラダの限界もある。どうしても結婚したい、出産したいっていう思いがあるんだったら、ちゃんとそこも念頭に置きながらじゃないと…。これは世の女性みんなに言ってるの。そこはあとで後悔をして欲しくないから、みんなに。
「これは男の人もそういう目でちゃんと女のひとを見てあげてっていう事よ。昔は30ちょっと前ぐらいに女の子を見つけると言ってたのよ、『ここに居るだけがアンタの世界じゃないと思うよ、色々考えなさい。』って。最近30ぐらいだとそれ言われても多分、ちんぷんかんぷんだよね。だから『晩婚化』って恐ろしい。女の人のタイムリミットは変わらないからね、文明が変化しようが。少子化が何だの言ってるけど、そんなの対応の仕方がなってないわよ。未婚で産んだとしても、ちゃんと同じ風に子供が扱われるようにとか、働きながら産んだって大丈夫なようにすればさァ。ただ『結婚』だけ言っていてもムリだよね。」
「女装家」だからこそ言える(?)愛のある正論を貫かれました。
(有吉さんは「番組の女性スタッフが居なくなるんじゃ」と危惧してましたが)
涙目になりながらじっと聞いていた夏目さんを見て笑いだしてしまった有吉さんのことを、
攻めるような口調で「いいですよね有吉さんは!」と夏目さんが言い放ったのが印象的でした。

   ◆マツコ&有吉の怒り新党
   http://www.tv-asahi.co.jp/ikari/