テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

"推しメンシート" 横浜F・マリノスが初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
5/23「NHKニュース おはよう日本」で取り上げられたスタジアムに設けられた"推しメンシート"。
みなさんはご存知でしたか?

同じ選手を応援するサポーターの観客席のことで、横浜F・マリノス(以降マリノス)がJリーグで初めて作りました。作られた背景には、Jリーグでは1試合平均の入場客数が年々減少しているといった事情があるようです。


                □■参考文献■□
                J-League 年度別入場者数推移(公式HP)
                http://www.j-league.or.jp/data/view.php?d=j1data&g=j1_0&t=t_visitor&y=2013


その打開策として、マリノスのDF小林祐三選手が考案したのが推しメンシート。

小林選手は番組でのコメントで、

 「7万人が入るスタジアムなのでどうしても空席が目立つこの席の分だけ まだ人数分いろいろな人に見に来てもらえたらなという気持ち」

と、何とかしようという切実な思いを番組で語っていました。

推しメンシートの特典はというと、"特製Tシャツ"が貰えたり、"勝てば推しメンとハイタッチができる"といったものが付いてきます。

勝てば選手とハイタッチが出来るとあってお客さんは自然と応援に熱が入り、とても盛り上がっているようです。


選手に会えるのを楽しみにしているファンは多いと思うので、こういった取り組みが増えれば集客にいい影響をもたらしそうです。スタジアムの広さは必要ですが、マリノスを発端として他のチームでも普及していったら面白いんじゃないでしょうか。Jリーグは20年が経ち、入場客数に歯止めを掛けようとこうした様々な施策を打ち出しています。

>>企画チケット 横浜F・マリノス Official Web Site
http://www.f-marinos.com/ticket/campaign