テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

プレイバック!テレビの名言(2013/7/8~7/14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「五風十雨【ごふうじゅうう】(=五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降ること。転じて、風雨その時を得て、農作上好都合で、天下の太平なこと。)」
(広辞苑|岩波書店)7/8 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「よく、『どうして死んではいけないの?』と訊かれる事がございます。そんなとき私は、『生きること 死ぬこと』は、この世界の『おきて』であって、人間が自分で決めてはいけないから、と答えています」
円通寺・後藤真法住職 7/8 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



(プロフェッショナルとは)「その世界において、代えがきかない人間。それは高い才能を持ったり素晴らしい制作能力を持ったり、情熱を持ったりして、ひたすら自分に対して問題意識を持って、前に進み続けることができる、そういう人間だと思います」
模型会社社長・宮脇修一 7/8 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀



(プロとして一番必要なものとは)「努力することと人に感謝することを大切にしていて 努力することは夢に向かって意志を持たないとすぐに諦めたり 自分が何になりたいというものを強くもって努力し続けることが大切」
 プロサッカー・豊田陽平 7/8 BS1 アスリートの魂



「緊褌一番【きんこんいちばん】(=心を大いに引きしめて、ふるいたって事に当たること。」
(広辞苑|岩波書店)7/9 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「もし、これからお仕事を決めようという方、悩まれている方はぜひ、どうして自分がその仕事をしたいのかを考えてみて下さい。なぜ、どうしての答えがはっきりとあれば、職種に関わらず、きっとなりたい自分になれるはずです」
円東寺・増田俊康住職 7/9 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「試練は何のために与えられると思う もっと強く 大きくなるためだろう」
(バガボンド|井上雄彦)7/10 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「『いただきます』『ご馳走様』の言葉には、いのちをいただくことへの感謝と、〝馳せ走って懸命に食べ物を作ってくれた多くの方々のこころをいただきました〟という感謝の気持ちが詰まっています。その感謝のこころは、食事の際の食べ物に対するこころに限らず、すべてのもの、あらゆることを大事にできているか、ということにも繋がっていきます。『いただきます』『ご馳走様』、その言葉の中に包まれている沢山の感謝のこころをいつも忘れないように心がけてみましょう」
貞昌院・亀野哲也住職 7/10 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「ひょっとすると、世の中を動かしてるのは1番可愛い子や1番才能のある人間じゃなくて、2番目なんじゃないかって思うんだ。2番目の人間が1番の人間に対して、恥ずかしい姿見せたくないって頑張った時に成功するんじゃないかって」
7/10 NHK 連続テレビ小説 あまちゃん



(瓶のラベル剥がしに大苦戦)「アレどうしたらいいの?やってたのよ頑張って、タワシとかで。なんかある日突然、『ここまでの労力をしなければ分別ができないのはおかしい!』って思って。分別分別って言うんだったらそれ位のケアはして欲しくない?」
「『逆ナン』なんて、もはや男のファンタジーでつけた名前じゃん」
【(怒)「お前だけ弱音はくな」根性論を言われても…】「働き始めたら任意でやっているのとはワケが違うわけだから、それはもう文句言えないときはあるよ。同調性を守らなければならないものだからね」
「何にもガマンしてない人がいきなり社会に出ると辛いっていうケース、結構私たち見てるじゃない?このコはどこ行っても使いもんにならないだろうなっていう。古臭いって言われるかもしれないけど、やっぱり忍耐力だったり同調性だったりというのは、大事なのよ」
マツコデラックス 7/10 EXマツコ&有吉の怒り新党



「うまい。鰻と白いめし。最強。最強線、胃袋行き快速。」
井之頭五郎 7/10 TX 孤独のグルメ Season3



(ボキャブラブームで脚本家へ)「『芸人=一発ギャグ』みたいな時代になっちゃったんです。僕はコントをやってきてお話を見せたいので『一発ギャグ』というキャラでも無かった。『これが〝芸人〟ならやりたいことなのかな?』っていう悩みが出始めた中で、一時間半のお芝居を書いて笑いも入れながらメッセージも伝えたいという風になって、今があるんです」
(ユースケ:逆の意味でボキャブラブームの恩恵受けてると?)「『芸人』として少しでもきっかけを掴めていたら、今のこの道(脚本家)を絶対いけてないです」 
脚本家、演出家・西田征史 7/10 TBS オトナの!



「あなたは一人しかいないのにあたしには目が二つある もう一つの目は何を見たらいいのでしょう? あたしには目が二つしかないのに空には星が無数にある かぞえのこした星はだれがかぞえてくれるでしょう?」
(寺山修司少女詩集|寺山修司)7/11 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「人の運は 月と同じ 満ちてまあるくなれば あとは欠けてゆく 欠けていってなくなれば また 大きくなってゆく 運をツキと呼ぶのは きっと そういうこと」
(Blue Journey|秋月菜央/文)7/12 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「写真機というのは誰が訳したか知らないけど『真実を写す』と書くでしょ。過去とか未来は写らない。写真は今そこにあるものしか写らない」
「写真という冷徹なまでに記録しかしないというね、そういう写真の機能と結び付いて、自分の見たものはとりあえず信じられるということで。写真に撮ったものというのは、撮るということである種の充足感がありましてね。だからのめり込んでいったんだと思いますけどね」
「日本の戦後史を一口で特徴づけろと言われれば〝アメリカニゼーション〟だっていうふうに私は答えるんですけど。日本の隅々、生活の立ち振る舞い、何から何までアメリカ化しているわけで、(沖縄は)当然それ以上だと思ったわけですよ。ところが基地をちょっと離れるとアメリカのアの字もない。ましてや島々に行きますとね、沖縄の持っている精神文化の強大さというか。沖縄のしたたかさみたいなものですね、そんなものに打たれましてね。それと巡り合うことによって私自身が浄化されていくといいますか、心が洗れていくというような」
「日本には昔から語り部という人がいましたよね。写真家が現代の語り部として、人間が決して忘れてはならないこと、人間がしてはならないことを語り継いでいかなければならないんじゃないかと思います」
写真家・東松照明(1930-2012)7/13 NHKアーカイブス あの人に会いたい



(24歳のとき、同時に10台の車を所有するも)「たまたま中古車屋さんの前を通った時に、1台だけシルバーのブルーバードが停まってたんですよ。『これでいいや』と思って。全部の車を売って、ブルーバード1台だけに。飽和したんですよね、これでいいじゃんと。停まるし走るしエアコン効くし、何が他に要るんだろうと思っちゃって。まぁだから、〝神〟に見えたんでしょうね」
(矢作:24歳で結果、1回悟っただけのハナシで次こうなるってことは?だって26歳でもう3台乗ってるんだから)「やっぱりね、〝神〟はいないって思うわけですよ」
(26歳の時の愛車ランチアデルタHF・インテグラーレ)「よく緑山スタジオに行くのに港北インターの出口で、上ってカーブ行く所を飛ばしたいなと思ったのが始まりだと思うんです、これ買ったの。あれを全開で走りたいって思った時に、ランチアしか無いなと思って」
(8台のポルシェを同時所有)「このポルシェ(356)とこのポルシェ(911[996])全然別モンだよ。安達祐実とシンディクロフォードみたいに違う」
(保阪流フェラーリ考)「どっちかというと毎回工場に入れなきゃいけないクルマ。1日走り回ったらそのまま修理に出す。だから、僕の中ではレーシングカーなんです。耐久性ってところで信用度がない。壊れちゃったのを気が付かない奴らが乗ってる感じがするんですよ。すれ違った時に壊れてるな、って音がしてるんですよ、でも屋根開けて乗ってるワケですよ。頭悪いなって思うんですよ。だから、そこに入りたくない」
(クルマとは)「原寸大のおもちゃです。今思うと(幼いころ)タミヤグランプリで勝ちたいと思ってた車、みんなが普通のタイヤ使ってるのをスポンジに替えてみたりっていうのと同じことをしてるなと思って。それがなんとなく、1/1がちょっとスゴくなってきちゃったのかなという感じですね」
保阪尚希 7/13 BS日テレ おぎやはぎの愛車遍歴