テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

【通販カタロウ】スピードラーニング、なんで聞いてるだけで英語がわかるようになるの??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
石川遼選手でおなじみの「スピードラーニング」
調査中何度も遭遇するこのCMですが、
聞き流すだけで英語を話せるようになるのってどういう仕組みなの?という謎があります。
実は、こんな仕組みになっているようですよ!

聞き流して英語を習得する英会話教材、スピードラーニング。
いったいどうしたら聞き流すだけで英語がわかるのでしょうか。
辞書もいらず、繰り返し聞いていくうちに英語が聞き取れるようになっているようですが、
特殊な波動を放っているのか!?知らず知らずのうちに脳に情報を書き加えているのか!?
などとオカルトチックな想像をしてしまいました。

でも興味をそそられるのも事実。
CMの中で「soup or salad」を「スーパー皿」と聞き取ってしまったエピーソードを話されていて、
洋楽を聞いているととんでもない空耳が聞こえてくる私は親近感が湧いてしまいました。


謎の多いスピードラーニングですが、ついに街頭でお試しをしているCMが流れて、どういった内容なのかがわかってきました。


「英語の後に日本語が流れてくる」ということです。

なるほど。これで辞書いらずで、勉強することができるのですね。
さらに聞き取り能力が上がって、英語に慣れていくことができるようです。
英会話の習得で「ながら」学習ができるのは画期的!

これで私も「スーパー皿」を卒業できるかな?なんて期待を抱いてしまうのでした。