テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

プレイバック!テレビの名言(2013/7/29~8/4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「難題の無い人生は、〝無難〟な人生。難題の有る人生は、〝有難い〟人生」
(筆談ホステス67の愛言葉|斉藤里恵)7/29 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「人生一生 酒一升 あるかと思えば もう空か」
真宗大谷派流山開教所・不二門至浄代表(※ある寺院の掲示板にあった言葉として紹介) 7/29 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



(うなぎ一筋の85歳・生涯、一職人として生きる)「『焼きは一生』っていうことは、やっぱり研究していけってことよ。人間っていうのも『これでいいや』って言ったらもうそれでおしまい。それは自分との格闘だ。それがやっぱり職人だよ。だけども『もういいや』と言った途端にお迎えが来ちゃうよ」
「何でもそうだけれども、その人の真剣勝負でやってるっていうことが美しさっていうものを生み出してくるんだ。一生懸命になってやってるってことは、自ずから顔つきから何からみんな違ってくる。やっぱり職人っていうのは良い仕事をしてきちっとしている人間は、見せ場をちゃんと作ってますよ」
「仕事はどこまでも追及していかなきゃ。仕事追求心がなくなると、もう作業になっちゃう。」
「伝統はあぐらをかいて抱えているものではないわけで。どんどん前へ向かって、いわゆる伝統が錆びちゃわないように次の時代に合わせて、その伝統を生かしていく方法を考えていかなきゃ」
「若い時はただ無我夢中でやってる。今は何かを振り返りながら、もっと素晴らしいやり方があるんじゃないかなんて考えたりする。年をとってそういう考えがなくなった時がおしまいなんだろうね」
「(プロフェッショナルとは、)80になっても90になっても100になっても、職人として一流のプロはどこまでも追求心がある。もうひとつ言うならば人柄ね。愛される人間にならなきゃ、かわいそうな人間になると思う」
うなぎ職人・金本兼次郎(85歳)7/29 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀



「天国は無い ただ空があるだけ 国境も無い ただ地球があるだけ みんながそう思えば簡単なことさ」
(イマジン|作詞曲 :ジョン・レノン 訳:忌野清志郎)7/30 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「周りのみんなが優しい人に見えるためには、まず自分自身が優しい人になることが近道です。周囲は自分を映す鏡だと思い、我と我が身、自身の言動を振り返ってみましょう」
円東寺・増田俊康住職 7/30 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「兎の上り坂(=兎は前足よりも後ろ足が長く、坂を早く上る事から、物事がよい状況に恵まれてどんどん進行する事をいう)」
(ことわざ新辞典|高橋書店)7/31 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「特定の利益目標の前には、業績を上げるという目先の利益を優先する『優劣』が付いて回ります。学校の成績もそうかもしれません。しかし、人それぞれが持っている個性と能力は、見方を変えれば全く逆の優劣になる事もあります。様々なタイプの人がいて、潤滑油のような役割を果たしているからこそ、全体が効率よく回っているといえるでしょう。大切なことは、1人ひとりそれぞれが、かけがえのない個性を持っているということなのです」
貞昌院・亀野哲也住職 7/31 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



(“QOD”の提唱)「QOL(Quality Of Life=生活の質)という言葉は知っていると思います。“L”の代わりに“D”というのは“Death”です、『死の質』です」
「糖尿病なんかでも自分で管理すればけっして透析にはならないのに、透析になって苦しんでらっしゃる方がいる。で、今までの生活指導をしていても決してそういう患者さんは減らない、何でだろうと考えたんです。ところが、自分の人生観とか行動がまったく変わってしまう病気がひとつだけあって、それが『がん』なんですよ。『死ぬ』と思うと人間は変わるんです。『もしそこでタバコ止めれば何とかなるよ』とか『食事を変えれば何とかなるよ』と言えばガラッと変えてくるんですよ。『死ぬ』と思った瞬間に自分の生活から何から変えることが出来るんですよ、人間って」
「“何が出来るか”“何をすべきか”“何がしたいか”、『この3つのうちどれでもいいから持っていよう』と提案をするんです。『そのためにはどのくらいの期間が要りますか?』と伺うことにしているんです。すると『そうですね、5年くらい要りますかね』と。じゃあ5年間は元気でいなくてはいけないじゃないですか。その間、元気でいるための努力をするんです。期限があればやるんです」
(Q:先生にとっての『死』とは?)「集大成ですよ。要するに『最後の義務』です、人の。義務ですよ、死ななきゃいけないんです。だからその時に悔いを残さず、義務を果たしたいわけです」
医師・川嶋朗 7/31 EX ワイド!スクランブル



【(怒)過去の栄光にいつまでもすがるな】「『レースクイーン』ってのはさ、そのレーシングチームの規模だったり露出度だったりで差はあるにしても、あなたはウチのレースクイーンをやっていただきますよという約束だけは交わしてるじゃない。でも『元お笑い芸人』になると、もはやそれが本当にお笑い芸人として機能していたかどうかはもう判らないわけじゃん。だからタチの悪さで言ったらそっちの方がタチ悪いよね」
マツコデラックス 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
「世の中で『元お笑い芸人』ほど面白くないやつはいないね。『元レースクイーン』はまだ背が高いわ」
有吉弘行 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
【(怒)「やらないで後悔よりやって後悔」がイヤ】「よく考えずに飛び込むようなパターンのことは想定して言わないセリフだよね。要は考えて考えて『うわぁどうしようコレ…』っていう時に、『だったらやれよ』という意味で言う言葉だよね」
マツコデラックス 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
(やらないで後悔派?やって後悔派?)「やって後悔したことの方が多いかなぁ。でも、やって後悔するようなことの積み重ねが今になってる気がするのよ。結果論で言えば、後悔はしてるが、やってて良かったかもなァ、ぐらいよね。やってなくてもこうなったかもしれないし。それは結果として何かが生まれるわけじゃん、その生まれた段階で判別が出来ることじゃない。もし『わぁなんでこんな事になっちゃったんだろう』って結果になったとしたら、多分やんない方が良かったって思うのよ。でもその時は一個一個はしくじってたとしても、結果として何となく自分が納得できるものになってたとしたら、全てがやって良かったことになるのよ」
マツコデラックス 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
【(怒)「やらないで後悔よりやって後悔」がイヤ】「結局は恥をかくこととか面倒臭いことをやらないでいるのって愚かだよ、っていう意味だよね」
マツコデラックス 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
「ある程度時間が経つと、どんなに辛い思い出だろうがどんなに過酷な結果だろうが、なんとなくそれを愛せるようになるじゃない。あと、その先に1回の失敗があったとしても、3コ先4コ先に1回成功できたとするじゃない?そうするとその3回4回の失敗って、失敗じゃなくなるんだよね」
マツコデラックス 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
「どんな形であれ、挫折しても何か1コ結果を出せば、自分で許せるようになるんじゃない?過去の失敗が」
マツコデラックス 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党
(どうやったら上手く話せる?)「思い切って荒療治だけど、『オチ』を一番に言ってみるってどう?一番最初に面白いこと、伝えたいオチを言っちゃえば、興味があれば向こうが聞いてくるから」
有吉弘行 7/31 EX マツコ&有吉の怒り新党



「目に見えないものをすごく大事にしようとしてるんです。シンクロニシティ、偶然の一致、共時性。たまたま同じ考えを持っている人とか、たまたま同じ服を着てたりとかって何かしら必ず意味があって、無意識下では人間は全て繋がっている。すべて海の底で繋がっているんだけど、今ココに繋がってると思ってる人は多分みんな居ないと思うんだけど、何かしらにもがいている人達は海面からピョコンと顔を出して、たまたま遠くにいる人がピョコンと顔を出して、目が合うじゃないですか。だからそこで繋がってることをやっと認識できるけど、潜れば実はみんな繋がっているということに気付いて生きていると、偶然の一致が世の中に溢れて。どんどん色んなものが繋がりあっていくのを日々実感する」
大木伸夫(ACIDMAN)7/31 TBS オトナの!
(偶然の捉えかた)「この1年で読んだ中で凄く素晴らしい本があって、その中の一節に『偶然も必然も避けられないという点では同じである』と。だから必然性と言い換えてもいいし、必然性を偶然性と言い換えてもいい。避けられないんだと、生きている以上は1回しか生きないわけだから。その1回しか生きない中で、出会い、偶然や或いは偶然を否定した必然でも、どうぶつかってどう処理していくかが人生なわけじゃん」
いとうせいこう 7/31 TBS オトナの!



「何が『ふつう』で何がそうじゃないかなんて誰が決めたの?あなたにとっての「ふつう』がこの世の常識ってわけじゃないし、この世の常識が必ず正しいってわけでもないでしょう。」
(放蕩記|村上由佳)8/1 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「『お芝居の話』って、僕いつもいろんなインタビュー受けている俳優さん見てるとついつい突っ込むんですよ、いろんな難しいこと言ってるなと思って。あれ見てると自分が喋れないんですよね。僕ちょっとカッコ悪いって思っちゃうんで…言わない」
「役者がこれをこうやったとか、ああやったって言ったら、見てる人がいろんな気持ちで見ちゃうような気がして。」
「目標を立てない。ひょっとしたら大きな運命が僕を流してるかもしれないから。自分の中の経験とか読みが外れる場合があるから、その流れにのってみるっていうのもひとつのチャレンジ。そこで自分の思いもしない未来が待ってるかもしれない。それを楽しみに生きている」
生瀬勝久 8/1 CX とくダネ!



「打合せでディレクターの方から『SMAPに対してどういう印象ですか?』と訊かれたんですけど、改めて考えてみたことが無くて。生まれた時からSMAPだったので。だからインフラの『電気・ガス・水道・SMAP』みたいな。自分の中でインフラだったんだと思って、SMAPって」
「すごい誤解のある事を言うかもしれないですけど。早稲田に行くと『僕が一番本読んでるよ』っていう人が結構多いんです、『我こそが表現者になろうか』みたいな。そういう所からできるだけ離れた場所で作家デビューをした方が格好いいんじゃないかな、と…ホントに嫌なヤツですよね」
(『何者』の執筆について)「人を〝あるある〟で見ちゃったりとかそういうのが好きな人間なので、それだけで物事を片付けるようになりそうだなと思って。戒めのつもりで書きました」作家・朝井リョウ 8/1 TBS ゴロウデラックス
作家・朝井リョウ 8/1 TBS ゴロウデラックス



「松風水月【しょうふうすいげつ】(=松に吹く風や水に映る月影。すがすがしいもののたとえ)」
(広辞苑|岩波書店)8/2 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「(当時)僕は原爆漫画を描こうなんて一度も思った事ないですよ。本当にもう原爆という言葉から、死体の腐る臭い、うみが流れてウジが這い回る光景がすぐ浮かんできますから。東京に来ても原爆の資料なんて手にとって読もうと思わなかったし。もう原爆からすぐそういう連想したから、絶対逃げ回ったんです」
「ただ反核反核と言ったってしょうがない。やっぱり人間がどういう風にもだえ苦しんで死んでいくかということ、その姿をきちんと伝えていかなくちゃいけないんじゃないかと。次の世代にバトンタッチしなくちゃいけないです。そのバトンタッチを受け止めてくれる若者を育てていかなくちゃいけない」
「読者に対して応援歌として、『はだしのゲン』を描いたんです。少々のことで負けんなよ、いじめなんかで負けるんじゃないぞ。生きて生きて生きぬけよ、と」
漫画家・中沢啓治(1939-2012)8/3 NHKアーカイブス あの人に会いたい



「(三味線は)大の大人が一生懸けてやっていい楽器だ」
 吉田兄弟 8/3 NTV 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU



「お金をある程度持って一番良かったことってどういう事かっていうと、美味しいもの食べられたりいい服着られたりとかそういう事じゃなくて、自分の知的好奇心の為にお金を使えるっていうことが一番嬉しいんですよね。あの国に行きたいっていったら行けるし、あの本買いたいっていえば買えるし、あのオペラ見に行きたいといえば行くことが出来る。これは何者にも変えがたいことだと思ってる」
(パソコンは使わない?)「使えますよ。使えますしiPadもよく使いますけど、書くのに使う必要ないと思うけど。だって自分が思っている事を機会が介在してゆくってどうですかね。私は違うと思う。頭が思っている事は自分の肉体で全てすませたい」
「わたしの中で若き日の光源氏=海老蔵」
「やってしまったことの後悔は心の傷になるが、やがて癒える。でも、やらなかった後悔はいつまでも消えない。」
作家・林真理子 8/4 TBS 情熱大陸