テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

プレイバック!テレビの名言(2013/8/5~8/11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「即席めんの開発に成功した時、私は四十八歳になっていた。遅い出発とよく言われるが、人生に遅すぎるということはない。」
(安藤百福|魔法のラーメン発明物語)8/5 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「アタシ分かったの。甘いマスクの男性って、頭の中も甘いのよ。つまり話が面白くない。そのうえ無口。つまんないテレビを音声消して見てるようなもんなのよ」
栗原しおり 8/5 NHK 連続テレビ小説 あまちゃん



「万華鏡 小部屋に上がる 花火かな(万華鏡作りをしました。出来上がって中をのぞいて筒を回すと、まるでそこに花火が次々と上がっているようでした。)」
ランドセル俳人の五・七・五 8/6 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「あなたはいま、様々な重圧に押し潰され八方ふさがりで前に進めない、そのような状況には無いでしょうか。あなたの人生を俯瞰的に見据えたとき、いまのあなたを縛り付ける他人の目や評価は、あなたの人生よりも大切でしょうか。様々なプレッシャーが大きな不安の塊となって目の前を覆い、未来に光が見出せないときには正しい判断は出来ません。全てを失ってしまう前に、あなたの一番大切なものを思い浮かべて下さい。今がその時です。一度立ち止まり、本当に失ってはいけないものをしっかりと掴んでください」
浄真寺・吉田健一住職 8/6 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



(『助産師』として、『被爆者』として生きる)「わたしはなるべくなら大勢の子どもたちを取り上げて、あの日死んだ子どもたちの数だけ、この世に命を迎えたいなとすごく思っている」
元助産師・神戸美和子さん 8/6 TBS NEWS23



「人間は無茶したって強くはならない まずは自分を知ることだ」
(夏目友人帳|緑川ゆき)8/7 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



【(怒)相談した悩みを他人に話すな】「他人に口外した時点でひとりに知られようが100人に知られようが一緒。自分の胸に留めておけられなかった自分が悪んだってことだけよ、コレは」
マツコデラックス 8/7 EX マツコ&有吉の怒り新党
「秘密ってのは口にした途端拡がるよ」
有吉弘行 8/7 EX マツコ&有吉の怒り新党



「イイじゃないですか友達なんて。数じゃないもん。要らない、友達は」
「(何がしたいか)自分でもわかんない、地団駄踏んでるだけさ。真っ当じゃないんだよ、真っ当が嫌いなんだよ、下らねぇんだよ。ツバ吐きたいんだなぁ。理路整然と人間は生きてるもんじゃないとずっと思ってるわけ。何したっていいわけじゃん」
「目的もない、目標もない。あってたまるか、逆だよ。なんであるんだみんな?なんで目標とか目的があるんだ?」
友川カズキ 8/7 TBS アーティスト



「マヤ文明の『インラケチ』って言葉が好きで。〝目の前の人は鏡である、自分を見ているんだ〟と。自分を見ているから、例えば隣に居た人を嫌いだとしたら、嫌いだという顔をしている自分を見てるから相手も嫌いになってしまう。自分から好きになっていれば向こうは好きになってくれる。その発想で生きると、昔は嫌いな人が多かったのが、良い所を見つけようと思って。自分の良い所どこだろう、自分はここが良い所だという風に考えるとどんどんうまくいく」
大木伸夫(ACIDMAN)8/7 TBS オトナの!
『オトナとは、強くしなやかな芯を持つもの』ギターも芯があってめっちゃ揺れるけど、ピンと張ってる。ガッチリ過ぎると折れて終わっちゃうし。しなりがなければ」
大木伸夫(ACIDMAN)8/7 TBS オトナの!
『オトナとは、実は子供』変わらずに生きる答えを探しながら、いろんな視点から生きていく中で、ずっとずっと変わらずに居るんだと思う」
MIYAVI 8/7 TBS オトナの!
「自分は変わってるんだよ。人が変わってないところを見てくれる、そのぐらいがいいよね。『自分は変わらない』って決めてて『あんたブレてるじゃん』て言われるよりは、バンバン変わってっても『実はあなたは同じテーマをずっとやってるんですね』って言われたいものだよね」
いとうせいこう 8/7 TBS オトナの!



「試合に負けて、勝負にも負けて――それでも、自分に負けなきゃ、負けじゃねー。」
(偽物語|西尾維新)8/8 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「『付箋』にいまの悩みを書いてみましょう。その最後に必ず『と私は思っている』と書いて下さい。〝私はあいつが嫌いだ、と思っている〟〝私はお金が無くて困っている、と思っている〟。こんな風に書いていくと、自分が何に苦しんでいたり悩んでいたりするのかがよく分かりますし、そう考えているのが自分だということも理解できるようになります。そう、あなたの心を苦しめているのは他の誰でもありません、あなた自身があなたを苦しめているのです。付箋に書くことによって自分を第三者的に見つめることができます。時には他人になって自分を見つめてみましょう、大好きな自分がどんな人間か見えてくるはずです」
経王寺・互井観章住職 8/8 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「デザインの力って見えるものをまとめているものなので、すごくコミュニケーションが早いんですよ。それをフル活用してコミュニケーションの戦略にしているということです」
「僕の仕事をする前提としては、ほとんど伝わらないんじゃないかと思ってるんです。伝わっている様な気がしているだけでほとんど伝わっていないんじゃないかなと思っているのと、あと伝わっていないということは、存在していないのと同じだっていうのを身にしみまして。日本人というか日本企業なのかわからないですけど、どこかでいい物を作っていれば黙ってても売れると、まだ信じてると思うんです。そこが問題なのかと思っていて。今はいい物をつくって正しく伝えないと、ちゃんと売れないんじゃないかと思ってます」
「『当たり前』って、あるべき姿だと思ってるんです。あるべき姿って理想形なので、当たり前のことが出来るってものすごいレベルが高いことだと思うんです」
アートディレクター・佐藤可士和 8/8 TX カンブリア宮殿



「清福【せいふく】(=きよらかな幸福。精神的な幸福。手紙などで、相手の幸福を祝っていう語。)」
(広辞苑|岩波書店)8/9 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「道草というものがなかった人というのは作家なんかまず見込みがないです。大いに道草を食って、そして腹を肥やして、いい風景を見て、それでゆっくり自信を持って社会に乗り出してもらいたい」
「死というものを覚悟してきちっと見れば、生というものは、はっきり分かるものだ」
作家・森敦(1912~1989)8/10 NHKアーカイブス あの人に会いたい



「逆回転できないもんね人生は。壊れたら壊れっぱなし、もう元には戻らない。」
天野春子 8/10 NHK 連続テレビ小説 あまちゃん



「廃道めぐりはRPGみたいな感覚」
廃道達人・石井あつこ 8/10 TX 土曜スペシャル「極旅5!達人と行く(秘)ツアー」



(アメ車の魅力)「ガソリンを撒きながら走ってる感じ。『持ってけー!』みたいな感じ」
「当時はパトカー勝てなかったですよ、外車に。(パトカーの存在に)全然気が付かなかった。追いついてこれなかったんです」
(独身時代の愛車・フォードマスタング)「スタイルを見てノックアウトされましたね。映画の世界にあった赤のコンバーチブル、アレが欲しくてね。『もう乗らなくてもいいかな、駐車場置いとくだけでいいや!』みたいな…ちょっと気持ち悪いですかね?」
(ブッ飛ばすための当時の愛車、フォードマスタングマッハ1)「当時大阪の劇場の1ヶ月公演なんかあったら車で行って、東名から名神走って。一箇所だけ一直線のコースがあって、そこで200km出すために行くんですよ」
(結婚後の愛車はアメ車遍歴から一変、ベンツ450SE)「落ち着かなきゃいけないと思ったんじゃないでしょうかね。これからはしっかり社会人として、芸能人でもしっかりした芸能人に変わっていかなきゃいけない。『東名』がすべてじゃない、と」
(43歳の時の愛車・BMW635CSi)「2ドアなんですよ。4人乗るとかなり後ろがキツい。で僕が運転するでしょ?そうすると僕が一番先に降りなきゃいけない。降りて『どうぞ』って付き人を降ろしてやんなきゃいけない。『これ違うだろ!』って」
(セカンドカーに欲しい1台、シェルビー コブラ)「この歳でなんだけれども、『これにもう1回乗れたら死んでもいい』って家内に言ったの。そしたら『ダメダメダメ!娘が大学卒業するまで死んじゃダメ』だって」
「クルマとはホビー。小さい時からカメラとか、時計とか、美しいメカが好きなんです。欲しくなるとそれを買ってきて机の上に置きたくなっちゃうの。車も駐車場に置いとくだけでいいなと思っちゃう。だからやっぱり自分の夢であり、ホビーですよね。いつまでたっても」

西郷輝彦 8/10 BS日テレ おぎやはぎの愛車遍歴



(『神田川』が大ヒットして)「変わらないように、そればっかり注意してたね。毎回3人(かぐや姫メンバー)で確認して。『昨日の売れない時の僕と売れた時の僕、一緒だよね?』って。そればっかり毎回ミーティングしてた。『天狗になるのだけは止めたほうがいい』と。それでも、知らず知らずにちょっと勘違いするんだよね」
南こうせつ 8/11 CX ボクらの時代
「老いてしまって自分ではどうしていいか分かんなくなった時にでも、何か自分が楽しめるものとか興味を持てるものとか。無理やりにでも探して、その事にきちっと没頭できる、ひとりで生きられるっていう。そういう自分を作っていきたいとは思うよね」
森山良子 8/11 CX ボクらの時代
(故郷に戻って30年。田舎暮らしから生まれる曲は)「売れないなあ。蛙だキツネだ歌ってたら題材に飛びつかないでしょ。やっぱり男と女がどうしたあぁした、嫉妬した、逃げられた、三角関係…こういうのがやっぱり売れるんです」
南こうせつ 8/11 CX ボクらの時代
(子供達に伝えたいこと)「とにかく力強く生きてって欲しいと思う。多少色んな所にぶつかって気持ちが落っこって、挫折して。でも挫折の無い人生なんてつまんないと思うの。傷ついても倒れても這い上がる力、活力だけは持っていて欲しいなと」
森山良子 8/11 CX ボクらの時代
「皆さんと違って子供も居ないから、死ぬときは借金して死ぬの。家があるじゃない、それ売って清算してくださいって。(子供に遺産は)残しちゃ駄目よ、絶対。微々たるお金でも残すとモメるんだから。だって自分だって自分一代で築き上げたわけでしょ?だから子供だって、それだけの力あるんだもん」
中尾ミエ 8/11 CX ボクらの時代



「質問が出るような授業は100%説明が悪いんですよ」
『1ヵ月頑張った人は1年頑張れる 1年頑張った人は一生頑張れる だから受験勉強はそういう人生に対する自信を築き上げる場にもなりうると僕は考えている』
「受験勉強そのものに意味があるかどうかはともかく、『俺は1ヵ月頑張れる人間だぞ』っていう自信を手に入れるには良い場なんだから、頑張るかどうかよく考えなさいと言うんです」
「教育は教え育てちゃダメだと思ってるんですよ、『教えて育つもの』ですよ。こっちは教える、あとは育つかどうかは向こうに任せるしかない。育てるんじゃなくて、向こうに自分で育ってもらう」
林修 8/11 CX ウチくる!?



「自分達の『昭和』っていうのはね、猥雑でガサツで、野望が音にも態度にも表れてたんで。今は民度が上がったのかどうなのかわからないけどさ、『こういう事を言っちゃいけねぇんじゃねえか』とか『こういう思いを言ったら暑苦しいな』とか、そういうつまらない民度の上がり方が音楽にいま表れてるんじゃないかっていう気がするんだな」
「とんでもない事をやりたがってきたのは、自分がとっても『普通の人間』だっていうのを知ってるからだと思うんだよな。おそらく自分の中の『普通さ』が嫌なんだろうと思うんだよね。普通ですよ。ものすごく常識人だと思いますね、自分では。それが嫌なんだよね。異様に見られたいというか、変に見られたいというか。」
「親っていうのはとりあえず子供のやることに反対するべきだと思うんだよ。そうしないと本当に好きかどうか、気がつかないから。本当に好きなら親に逆らうはずなんだよ」
「黒澤明さんの『天使のように大胆に 悪魔のように細心に』っていうのがものすごく格好いいなと。自分の中に悪魔的な慎重さっていうか、やっぱりありますからね。この2つの言葉で全部、理解できちゃう」
泉谷しげる 8/11 TX ソロモン流