テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

プレイバック!テレビの名言(2013/8/26~9/1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「志を立てよう。本気になって、真剣に志を立てよう。生命をかけるほどの思いで志を立てよう。志を立てれば、事はもはや半ばは達せされたといってよい。」
松下幸之助 8/26 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「毎日毎日頑張り続けるのは本当に大変ですが、休み休みやっても人間、ちょっとずつは成長出来るようです。疲れたときには無理をせず、ひと休みしながら人生歩んでまいりましょう」
超覚寺・和田隆恩住職 8/26 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「やさしすぎる キスなんかしてくれるから あなたの嘘に気づいてしまう」
"会うまでの時間" 俵万智 自選歌集 文藝春秋刊 8/27 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「自らを慈しみ相手を慈しむ心は悪意や敵意に勝る」
浄土宗長持山浄真寺・吉田健一住職 8/27 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「夢って心の中にある灯みたいなもので "叶う"って強く想えば想うほど その火は強くなるんだそうっす・・・」
『Mr.FULLSWING』 鈴木信也/集英社 8/28 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「どんな仕事であれ 与えられた役割を自分のつとめと受け止め誇りをもって行ったときそれはあなたの"仕事道"になります」
 高野山真言宗華嚴院・矢田弘雅副住職 8/28 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「すんません、ノーと言えない東北人ですから!」大向大吉駅長 
「イエスか苦笑いかしかありませんから!」吉田正義副駅長
8/28 NHK 連続テレビ小説 あまちゃん



「ポジティブにしていられる時って、結構コンディション良いときじゃない?常にポジティブな人ってだからアタシ、ちょっと偉いなってときあるんだよね」
「ポジティブっていうのは、どっかで場違いな時もあって仕方がないものだと思うのよ。それでもポジティブで居てくれる人の存在っていうのが、なんか必要な気がするんだよね。社会という大きな仕組みの中で」
「ちょっとバカを買って出てくれる人っていうのは大事だって。十人でどんよりしてたら大変なことになるよ」
「自分達に都合の良いことを言ってるやつのほうがホントは敵だと思えって言いたい。テレビのことを敵だっていうヤツが本当に味方かどうか考えた方がいいよ」
マツコデラックス 8/28 EX マツコ&有吉の怒り新党



「オトナとは、アセらない方がいい。焦らないでいられる人が大人なんじゃないかなと思ったことがもうちょっと若いときにあった。俳優の先輩に『そんなに焦らなくていいよ』とかって言われたことあるんです、目一杯焦ってる時期に。だから、焦らない方がいいのかなと」
大森南朋 8/28 TBS オトナの!
「オトナとは、矜持(きょうじ)と含羞(がんしゅう)【=プライドと恥ずかしさ】。僕、殿山泰司さんが心の師匠だと思ってるんだけど。男気みたいな所でいくと呑んだくれたりしてるんだけど、それを見せないために…照れ屋だと思うんだよな、江戸の人で。この辺に(口元)一割ぐらい含めるわけさ。生きてきたら恥ずかしいことの連続だから、そんなに自慢して言うハナシじゃないんだよね。その照れ具合みたいなのが昔の役者さんとかにはあった様な気がしてて。今みたいにとりあえずオモテに出りゃいいんだっていうのが、無いんですよあの人たちには。これが無くなってるな…俺が言うことじゃないけどね」
小林薫 8/28 TBS オトナの!



「体の動くうちが華だぞ。頭の中で考え込んでいる間に、時間はどんどん過ぎてしまうのだから。」
 『絆 不肖の息子から不肖の息子たちへ』 石ノ森章太郎 鳥影社発行 8/29 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「"いただきます" 多くの命たちとこれから 一緒にずっと生きていくという誓いの言葉 仏様の言葉を"いただきました"というのなら仏様になれるような生き方をしなくちゃね」
 日蓮宗大乗山経王寺・互井観章住職 8/29 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「向いてないけど…向いてないけど、続けるっていうのも、才能よ。」
鈴鹿ひろ美  8/29 NHK 連続テレビ小説 あまちゃん



「自分に負けちゃダメです 何をするにも ここでダメだと思ったらそこで終わり」
 東京研修センター主任・玉川和憲 8/29 NHK 仕事ハッケン伝



「自分で決めるなってことですよね 限界を」
 俳優・大野拓朗 8/29 NHK 仕事ハッケン伝



「私はダメ人間だから戒律が守れないんですよ。『嘘をつくな』と言っても嘘、つくよね?『人の悪口言うな』と言ったって、悪口言いながらご飯食べると美味しいでしょ?守れないのよ。でもせっかく出家したからひとつ守ろうと思って、一番難しいのを選んだんです、それが『SEXを断つ』ということ。これが煩悩の中で一番強くて皆が守れないでウダウダしているでしょ、それをやってみようと思って」
【女盛りは60代から】「60代になれば子供は育っちゃってるでしょ、だから責任がなくなるじゃない。夫がいたら夫は会社で相当な地位にいるじゃないですか、『かわいこちゃんが良い』なんて言い出す頃ですよね。だから自分の人生はそれからだと思うわね。余裕があってお金もあるから綺麗にすれば良いじゃない。エステに通ってより輝いてね、それで若い男がデキたらそれで良いじゃないですか。昔は60代といったらお婆さんで誰も相手にしなかったけど、いま一番60代の人が豊かですよ」
瀬戸内寂聴 8/29 TBS ゴロウデラックス



「神様にも祝詞【かみさまにものりと】(=神様はすべてを見通せると言っても、やはり祈りの言葉を口に出して言わなければ願いは通じない。わかりきっていることでも、改めてことばにして言う事によってはじめて相手に通じるということ)」
(ことわざ新辞典|高橋書店)8/30 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「子どもが自分でレコードを買ったりすることは無いですからね。CDとかレコードとか何でもね、親が好きで聴いてほしいと思うんです。そうすると子どもが聴く。家庭にいい詩といい音楽があることがとても大切ですね」
(自著『随筆集 音楽と人生』より)「音楽で一番大切なものは何か、ときかれたら私は次のように答える。音楽は静寂の中から生まれる。現代の音楽は非常に多様化しており、騒音の中から生まれてきたようなものもあるが、音楽の本当の基本には、音のない静か、という環境が先ず必要なのである。」
「時代は変わるから、色々変わったものばかり追いかけると、本当のものを見失っちゃうと思うんです。子供のために作ったいい歌は日本にも沢山あるわけ。そういう歌もやっぱり子どもに聴かせないといけないんです」
作曲家・中田喜直 8/31 NHKアーカイブス あの人に会いたい



【小木と同じく、クルマ好きな義理の母だが…】「つながりはそこだけね」
【24歳の愛車、ミニクーパーSと久々のご対面】「けなげによく走るんですよね。すごく『人』としてもなんか尊敬できるっていうか。『頑張ろうねー』みたいな」
「マニュアルにずっと乗ってたのね。マニュアルに乗ってないと、なんか自分がタラタラしていく感じがしてて。必ず1台はマニュアル車を持っていようと」
【32歳の愛車、ミニカントリーマン】「(子供を連れてドライブによく)行きましたね。後ろが荷台になるんで、みんなそこに寝っ転がったりして。ちょっとブレーキ掛けると“スコーン”て後ろに直太朗あたまぶつけて、ヒビが入った事があります、頭じゃなくてガラスの方ですけど。それであんなんなっちゃったのかな、あの衝撃で…」
【ミニカントリーマンを25年間も所有のワケ】「直太朗も大きくなっていって、中学か高校生ぐらいの時に『もうこのクルマ大変だし、ちゃんと面倒見てあげられなくて可哀想だから、もう手放そうかな』って言ったら、『僕にもチャンスちょうだい』って言われて。それで彼が免許を取って乗るまでずっと保持してたの」
【32歳の愛車、ミニカントリーマンと久々のご対面】「やっぱり名車だし、素晴らしくチャーミングだし。他のものに代えることができないですね」
森山良子 8/31 BS日テレ おぎやはぎの愛車遍歴



「最近、自分の年齢より若い人が患者として来るようになってきたでしょう、これは10年前にはほとんど無かったことだから。僕と同い年ぐらいの人がくると大体訊くのが、結婚されている患者さんですとお子さんの事を聞きます、まず。お子さんがまだ成人迎えてないというと、特に父親だったりすると、この人はちょっと元気にするだけじゃダメなんだというのは凄く感じる。それはやっぱり僕は息子のせいじゃないかなと思いますね。やっぱり“パパ”、頑張らないとね」
心臓外科医・新浪博士 9/1 TBS 情熱大陸