テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

プレイバック!テレビの名言(2013/9/23~9/29)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
―今日もテレビから溢れ出る至極のことばに、ありがとう―


「人は誰でも夢や理想を悶々としながら求めて生きているものだし、例え今が幸せだったとしても、きっともっとほかの幸せがあるに違いないって、そう思ってしまうのがこれまた人間なのよ。」
(マツコデラックス|あまから人生相談)9/23 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「(何者にも)なろうとしていないんです。例えばヤクザの親分であったり、人のいいお父さんであったり。その人になろうとか、どう作るというイメージは全くないんです。『被写体』だと言ってるんですけど、実際僕らが映し込まなあかんのは『空気』なんですよ。だから、いち役者が何をするってあまり意味がないと思ってます」
國村隼 9/23 CX アゲるテレビ



「プレッシャーもあると思うがそれはチャンピオンになった者の宿命 それを乗り越えないと人間的にも剣道家としても成長しない」
剣道・山本真理子の父の言葉 9/23 BS1 アスリートの魂



「考えすぎないで前向きにやろう」
剣道・山本真理子 9/23 BS1 アスリートの魂



「光を求め 歩きつづける君の情熱がいつの日か 誰かにとっての光となるでしょう 誰かにとっての兆しとなるでしょう」
(B'z|光芒)9/24 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「人のためになることをするのに、なぜ素直に行動できないのでしょうか。それは心に妨げがあるからです。周りの人がどう思うだろうか、断られたらどうしよう、と他人の評価が気になり躊躇ってしまうからです。あなたの素直な気持ちを大切に、思い切って行動を起こしてみてください。きっと周りを幸せな気分にすることでしょう。そして、自分自身も豊かな心が育まれます」
長尾寺・遠藤清門住職 9/24 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「屋烏の愛【おくうのあい】(=人を愛すれば、その家の上のからすまでも好きになるように、その関係するすべての者に愛情が及ぶこと。深い愛情。)」
(広辞苑|岩波書店)9/18 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「当たり前の日常こそ修行」
法蓮寺・亀井妙禮副住職 9/25 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



【一部分だけ切り取られ白日の下に晒されると…】「すごい思うのはラジオなんかまさしくそうだし、私なんかもローカルでしか視れない番組とかやってるじゃない。その部分だけ断片的にとって、それがどんな場所で言われてたとか、どんな状況で言われてたとか、どんな人に向けて言われてたっていうのに一切触れず、それをまるで東京ドームで全国生中継しているのと同じ環境で言ったみたいに取り上げられてしまうと、いまに面白いこと何にも無くなるよって言いたい」
【(怒)「見出し」が誇張されすぎ】「いかに妄想させたもん勝ち、みたいなところじゃん。だから『クソ!』って思わないで『やるな!』って思ってあげよう」
マツコデラックス 9/25 EX マツコ&有吉の怒り新党
【虚勢を張ってくる人の対処法…】「そういう人にあんまり突っ込めないんですよ僕。『聞いてあげよう』って思うんです、今日は。そしたら、コレもう無限です。『アイツよく聞いてくれんなァ』になりますから」
有吉弘行 9/25 EX マツコ&有吉の怒り新党
【虚勢を張ってくる人の対処法…】「ホントにムカつくやつがいるのも分かるんだけど、そういうのをちょっと『かわいい』って思ってあげると、職場って潤滑にいかない?『可哀相だな、モテないんだろうな』って思って、ここだけでもせめて武勇伝語らせてあげようみたいな」
マツコデラックス 9/25 EX マツコ&有吉の怒り新党
「注意した人が本当は正しいのに、注意した人がオニ扱いされるような行為はしちゃダメだよ。ルールですから」
有吉弘行 9/25 EX マツコ&有吉の怒り新党
「ときどき困る赤ちゃんいない?何も褒めることが無い赤ちゃん、いない?『元気~!』しか言えないよね、もうね」
マツコデラックス 9/25 EX マツコ&有吉の怒り新党



「CAさんがすっごい可愛かったんです。話をしたかったんですけど、寝ちゃったウワァと思って。出ようと思ったらCAさんがサササッと来て『お休みだったみたいなので』っておしぼりとクッキーを持ってきたんです。ぼく『結構です、ありがとうございます』ってそのまま出ちゃって。『あぁ何か話す機会なかったなァ』っていうのをその日、友達とメシ喰ってる時に話したら『バカだなぁオマエ』と。『そのおしぼりとクッキーの所に電話番号が入ってんだよ』って言うんですよ。あ、そうなんだと思ったけどボク結婚してるから、知ってるだろうからそこにでもメモは無いんじゃないって、男同士で喋ってて。次の日、女のスタッフの人が何人か居たから『結婚してる相手でも(電話番号のメモ)渡す?』って訊いたら、『関係ないですよ』と。『えぇー!?』って…イヤ、これは奥さんに聞いてみようと思って。家帰って同じことを聞いてみたらホントに即答で『関係ないよそんなの!』って。『えぇー!!』。ちょっとボク心配させようと思ってたんですよ奥さんに、嫉妬させようかなと。それを即答するもんだから逆にこっちがバクバクしちゃって、『オマエそうなのか…』って」
要潤 9/25 TBS オトナの!
【オトナの放送禁止】「『原発』ってどうなってるんだ、どっちが悪くてどっちがいいのかって見なきゃ分からないんで行くわけじゃないですか。で地元の人達と色々しゃべると、一番の問題点は福島発の情報を中央が拾わないんですよ。中央は中央からの情報を流すんです。福島の情報は実際違ったりするんです。そこには人間が生きてるから、汚いいがみ合いも出て来てるんですよ、町と町との。それで金儲けしようとしてる人もいるし、逆に頑張ろうという人もいる。それが出なくて中央からの情報は『大丈夫か』『危ないぞ』だけだから。そういう事をちゃんと拾って出せないものなのかなと」
竹山隆範(カンニング)9/25 TBS オトナの!
【オトナの格言】「『大人とは、偉い!』。子どもたちに対しても『大人って偉いんだぞ』っていう事をちゃんと教えなきゃいけないのが一個。もう一個は、例えば芸人同士で番組中ハナシとかする時に『また大人が言ってんだろ?』『大人がダメって言ってんだよ、上の』とかそういう事を言うじゃないですか、みんな大人のクセに。どっかで自分は大人じゃないって思ったりしてるのかなとか。偉い人がイコール大人なのかなっていう」
竹山隆範(カンニング)9/25 TBS オトナの!
【オトナの格言】「『大人とは、ゼロをイチにする』。ゼロのものを作り上げる事ができる、進める事ができるじゃないですか。まったく無かった発想や文化をつくることが出来る」
要潤 9/25 TBS オトナの!



「やればできるなんて、聞こえのいい言葉に酔っていてはいけませんよ、阿良々木さん。その言葉を言うのは、やらない人だけです。」
(西尾維新|化物語)9/26 NTV Oha!4 NEWS LIVE(あいことば)



「私たちは先入観で物事を見てしまうと、ありのままの姿を見失ってしまいます。仏さまの眼(まなこ)で見たとき、初めて真実が見えてきます」
天真寺・西原龍哉副住職 9/26 EX やじうまテレビ!(きょうの説法)



「新しいことを始めている時のほうが楽しいんですよ。ベテランになることの方がしんどいというか。ルーキーでいて、ドキドキできる方がいい」
リリー・フランキー 9/26 CX とくダネ!



「油断するなよ。人生を航海に例えると、1回目より2回目のほうが危険を伴うからよ」
天野忠兵衛 9/26 NHK 連続テレビ小説 あまちゃん



「人間は努力だけじゃダメ。運と縁が必要なんです」
日比谷松本楼・小坂哲瑯社長(『10円カレーチャリティ』で有名)9/27 EX モーニングバード!



「『人よりも自分が良いところを探しなさい』とか『自分しか持ってない個性』とか、『誰にでも特別な才能があるんだ』とか、あれ嘘だよね。無いヤツは無いもの。でも、『無くてもいい』っていう教育をした方がいいと思うよ」
「『生きがいを見つける』とか言うじゃない?でも生きがいなんてのは、生きてきて最後に『あぁこれが生きがいだったのか』って死ぬ前に気が付いたっていいわけでさ。」
「定年を迎えるに当たって趣味を見つけようだとかいう本が出てるけど、あんな馬鹿な話はなくてね。辞めた後に釣り覚えたって覚えられるわけないんだから。だからなるべく早めに遊んでおかないと。時間ができてからやるのは趣味じゃない」
【校則は厳しい方がいい】「不良は、いかに俺が不良かってのを見せたがるんで、持ち物検査とか徹底的にすりゃいいの。それでもこのナイフを持ち込んだ、ってそれで済むわけ。ところが自由にしたら、ナイフ持ってたって『別に…』ってなるでしょ?そしたらそいつは今度刺さなきゃいけなくなる。人を刺して『あぁ凄いな』って言われる。(校則が厳しければ)いかに先生と学校を騙して、スカートを長くして捲り上げて入っていくかとか、あらゆる悪いことのアタマを使うんで、それの方が教育だと思う。子供にフリーって言ったって何が自由だか分かんないんだから。」
「日本人ってもうちょっと国を愛すべきだと思う。日本を愛するんだったら風土もそうだけど、気質とか伝統と作法。そっちをまず学校教育に入れ込むべきだと思う」
【阿川佐和子:人に悪口を言われたり批評されたりする事で落ち込むことは?】「ない。それはテレビの視聴者の権利だから。我々はそういう事を言われても食べてるんで。職業としてるから応酬はしない」
【今の子どもたちへ…】「今生きていることに感謝すればいいんだ。生きてることがすべてです。いずれみんな死ぬけど、生きてる間にいかに生きるかだけ考えろ。そうすると間抜けな事をしたりするヒマはないでしょ?」
ビートたけし 9/28 TBS サワコの朝



「(脚本が)面白いとやりにくい。面白くないと『よっしゃ絶対面白くしたる』て思うんですけど、面白いと『これは責任重大や!』と。読んで面白いものをやって客が笑わなかったら、俺のせいじゃないですか」
【芝居をする上でのポリシー】「『出来ない』って言わない。役も選んでいいぐらいの歳になってきたんですけど、やらされてやる方が楽しいなと思ってきたんです」
【役作りの秘訣】「あんまり家で作って行かないです。現場には台詞をフラットで覚えて行って、相手役とのコミュニケーションで芝居を作る。(ガッチリ役を作ってくる人は)大っ嫌い。自分のクセを作ってきたりとか言い回しを作ってきたりする人いるんですけど、絶対邪魔します」
【舞台にこだわる理由】「お客さんがバーンて湧いてパチパチパチって(舞台から)送られていく時の満足感てのがあるじゃないですか、『よっしゃ決まった!』っていう。お客さんをコントロールできた時が一番充実感があるんです。それはやっぱり映画とかドラマでは無いんで」
古田新太 9/28 EX ブラマヨとゆかいな仲間たち



「詞を書いていてもある日急にパッと見えたり、完成したりとかっていうのを昔はあいまいな表現で『降りてきた』みたいな事を言ってたんですけど、降りてなんか全然きてなくて。要は今まで自分の蓄積してきた『この曲を書こう』『こういう歌を歌おう』と思ったことが、細胞の一個一個全部がひとつになって出来る瞬間というのが。凄く疑ってたんですよ、デビューしたての頃とか『これは自分が調子に乗ってるだけなんじゃないか』っていう。役もそうですし、曲作りも、歌詞を書くのもそうなんですけど、ずっと疑ってたんですよ。『一筆書き』みたいな事を自分に酔ってるだけで。もしくはそのしんどい作業から逃げたくてそうやってるだけだみたいにずっと思ってたんですけど、ここ5~6年はそうは思わなくなったんです」
福山雅治 9/29 CX ボクらの時代
「『降りてきた』っていうと抽象的な表現なんだけど、やっぱりそれまでにずっと考えてるんですよね、その事を。絵の先生が言ってたけど、『絵を描いてる時間はどうでもいい。その1枚の絵を描くまでに、キャンバスに向かうまでにどれだけその絵のことを考えたか』と。だから考えて熟成した時に、パッて書けるとか、役が入ってくるとかっていうことだと思うんです。無意識のうちに物凄く考えているんだと思うんです」
リリー・フランキー 9/29 CX ボクらの時代
「視聴率にしても興行収入にしてもヒットチャートにしても気になりますし、気にしてますし。最低限の数字が無ければ続けられないっていうのは二十代の頃から思っていた事で。あとはどこかで負けず嫌いな所があるので、それは人に対してっていうのもありますし、でも自分に対してっていう所のほうが、歳を取ればとるほど大きくなってきているので。自分が納得行く数字っていうのは自分の中の設定でぼんやりと決めるようにしているので、それは超えたいっていう風にいつも思います」
福山雅治 9/29 CX ボクらの時代
「すごく闇雲にマスに向けているものよりも、たったひとりの人のフィルターを通しているものの方がみんなに届きやすい」
リリー・フランキー 9/29 CX ボクらの時代
「父親はコンスタントに真面目に働いていたわけではなく、普段マジメなのに突然フッと居なくなるタイプだったんです。だから自分がしっかりしないと大変だっていう気持ちがあったんです、子供心に。母親が必死に働いていたので、自分がグレたり、悪い事をして母親を困らせるっていうのが、その先に何が待っているかっていうのが結構分かってたんです、子供の頃から」
是枝裕和 9/29 CX ボクらの時代
「男の子はそれがあるかもしれませんね。僕ら3人もそうだと思うけど、母親がしっかり働いている姿を見るとそんなに悪くなれない。踏み外せなくなる」
リリー・フランキー 9/29 CX ボクらの時代