テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

「あまちゃん」と「ごちそうさん」は誰が観てる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が終わってしまい、あまロスの方も多いとか。わかります(笑)

現在、「あまちゃん」につづき、「ごちそうさん」が始まっています。
「ごちそうさん」の視聴率は、初回が22%で、なんと09/30~10/07の連続7話で20%越えという快挙。
「あまちゃん」の最終回が23.5%、全156回平均が20.6%、20%を割る回もチラホラあったのに比べると、スゴイの一言です。


ということで、「あまちゃん」と「ごちそうさん」の視聴者属性(性・年代)を見てみます。

データは、データニュース株式会社『テレビウォッチャー』(http://www.tv-watcher.jp/)の【番組アンケートデータ】を使わせていただきました。
テレビウォッチャー』では、デイリーで、関東1都6県のアンケート会員3000人から、テレビ番組(地上波 7局・BS 7局)の視聴アンケートを実施し、データを収集しています。

今回検索したのは、以下。
①「あまちゃん」9月27日(金)155回(NHK総合08:00-08:15放送)
②「あまちゃん」9月28日(土)156回最終話(NHK総合08:00-08:15放送)
③「ごちそうさん」10月5日(土)6回(NHK総合08:00-08:15放送)


さて、まずは①②の比較(上段:①、下段:②)です。
「あまちゃん」の、②最終回(土曜日)と、①その1日前(金曜日)です。
最終回は土曜日ということもあり、前日の金曜日に比べると、「男性」がぐっと増えています。特に「50歳以上男性」ですね。そして「20-34歳女性」も増えています。
最終回ということよりも、平日と休日の差でしょう。会社勤めであれば、平日の朝にリアルタイムで観るのはキツイですよね。


次は、②③の比較(上段:②、下段:③)です。
②「あまちゃん」最終回(土曜日)と、②「ごちそうさん」第1週6話(土曜日)です。
スケールが違うので、構成比を書き込んでおきました。
「あまちゃん」と「ごちそうさん」で大きく異なるのは、まずは「50歳以上」の構成比。「あまちゃん」の5割強に対して、「ごちそうさん」は6割強です。一方、「20-34歳」は「あまちゃん」2割に対して、「ごちそうさん」1割。そして目立つのが「50歳以上女性」の比率の差で、「ごちそうさん」は4割近くを占めています。


家でテレビを観ることができる(人が多いであろう)「50歳以上女性」を取り込むことが視聴率獲得の近道なのではないか!と。(当たり前?)

ただでさえ、若年層はテレビを観ないと言われ、テレビ業界では高齢層を掴むのが常套手段とさえ言われてるとか。(本当?)
このデータだけでは分からないが「50-64歳」と「65歳以上」に分けると、もっと明確な差になるのではないだろうか。

★そう、忘れてました。日本の人口を考慮しないといけません。
上記グラフでは「20-34歳」「35-49歳」「50歳以上」の3区分になっていて、それぞれ1000人のアンケート結果になっています。が、実際には3区分の人口は均等ではありません(以下)。
「50歳以上」は、「20-34歳」や「35-49歳」の2倍以上います。「65歳以上」がテレビを観ないなんてことは当然ありませんし、逆に、NHK朝の連続テレビ小説のメインターゲット、固定ファンになってくれる人達です。

ということで、前述のグラフも「50歳以上」は実はこの2倍は存在するということなんです。
仮に、「20-34歳」「35-49歳」「50歳以上」の人口を [1:1:2] として、上記グラフの年代別番組視聴者の構成を算出するとこうなります。
  ●あまちゃん    :「20-34歳」12%、「35-49歳」18%、「50歳以上」70%
  ●ごちそうさん  :「20-34歳」 6%、「35-49歳」16%、「50歳以上」78%

こう考えると、「50歳以上」を無視したドラマ作りはありえません。
しかし、「あまちゃん」のターゲットは「35-49歳」、少なくとも高齢者向けではありません。
よくここまで視聴率を稼げられたものだと感心します。

「あまちゃん」は、朝の連続テレビ小説では掴まえられなかった層を開拓したといえるでしょう。
毎朝ゆっくりテレビを観ることができない層だけに、逆に関連グッズの購入にも繋がるかもしれませんし(笑)
購買意欲も上の層よりは高い?かな???


ということで、個人的には、、、
「ごちそうさん」は視聴率だけにとらわれず、「20-34歳」「35-49歳」層にもアプローチした作品であってほしいと願うばかりです。えらそうにスミマセン。
年齢を超えた「食欲」に訴えてくる番組で、今回も元気系であることはうれしく思います(笑)


なお、詳細の番組集計結果は以下をご覧ください。
『テレビウォッチャー』の【番組アンケートデータ検索】ではこのようなレポートを見ることができます。
今回はご紹介しませんでしたが、「番組に対する感想(自由回答)」がとても面白く、参考になると思います。
  連続テレビ小説 あまちゃん(156)ー終ー「おらたち、熱いよね!」_130928.pdf
  連続テレビ小説 ごちそうさん(6)ー終ー「いちご一会」_131005.pdf