テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ]

テレビのイマが分かる情報サイト[テレビラボ] TV Lab

メディアモニタリングバナー

アメリカ人が好きなスポーツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Check
スポーツが大好きな国、アメリカ。ではアメリカの中で最も人気のあるスポーツは何なのでしょうか?

多くの方は野球(MLB)と答えるのではないでしょうか。確かに満員の観客が詰め掛けるMLBチームの試合をニュースなどで見る機会は非常に多いです。また野球を題材としたハリウッド映画も数多く公開されています。(「メジャー・リーグ」なんていう直球のタイトルの映画もありましたね。)

が、しかし。実際にはアメリカでダントツの人気を誇るのはアメリカンフットボールなのです。調査会社のHarris Interactiveが行っている調査結果をまとめたものが、以下の表です。それによると1985年以来プロフットボール(以下NFL)は一度も首位を明け渡すことなく、アメリカで最も人気のあるスポーツに輝いています。しかも2位のプロ野球(以下MLB)との差は年々大きくなっています。

(参考:http://www.harrisinteractive.com/NewsRoom/HarrisPolls/tabid/447/ctl/ReadCustom%20Default/mid/1508/ArticleId/1136/Default.aspx)



トップ7競技の人気の推移を1985年からの時系列グラフにまとめたものが、以下のグラフです。1位と2位の間の空白から、NFLの人気の高さがビジュアルで分かるのではないでしょうか。「最も好きなスポーツ」でMLBと答えた人は2012年は16%。1位のNFLとは18%もの差がついており、ダブルスコアとなっています。


NFLがあまりに抜きんでているので、2位以下の時系列推移が分かりにくくなっています。そこで1位のNFLを除いた、2位以下のみのグラフが以下になります。MLBの人気は、2003年まで減少傾向が見られましたが、その後は減少傾向に歯止めがかかり回復基調となっています。MLBの人気減少の要因は選手会によるストライキによるものと考えられます。MLBの人気が最初に減少傾向が見られたのは1993年から1994年。1994年にはMLB史上最長のストライキが起こり、ワールドシリーズも中止されました。1993年から人気に減少が見られるのは、ストライキの可能性について前年から報道があったためでしょう。二度目の大きな人気現象が見られた2002年には、ストライキが労使交渉決裂の1日前に回避されましたが、ファンの心理には大きな影響を及ぼしたことが推測されます。


同様に人気を落としているのがプロバスケットボール(NBA)。ロックアウトは1998年と2011年に起こっ ていますが、それよりも徐々に人気が下降しているという印象のが強く残ります。人気がピークだったのが1998年。バスケットボールの神様と呼ばれたマイ ケル・ジョーダンが引退した年です。ジョーダンの引退と共に人気が徐々に落ちていったと見るのが、正しい見方でしょう。

逆に人気上昇が目立つのが大学フットボール。2005年、2006年、2011年には2位のMLBを脅かす存在にまでなっています。 興味深いのはこの調査が好きなスポーツを1つだけあげるよう回答者に質問しており、その中でフットボールが1位と3位を占めている点。NFLと大学フットボールを足すと、2012年には実に回答者の45%がフットボールが最も好きなスポーツだと回答していることになります。スポーツ大国アメリカで45%の支持を集めるスポーツ、フットボール。このことからもフットボールのアメリカ社会に占める存在の大きさが理解できるのではないでしょうか。